スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南相馬市の悲鳴1 除染は無理という現場報告

2013.10.05 19:38|放射能
フクイチ原発の北に位置する南相馬市。
Minamisouma.png


この南相馬市で除染や住民避難の支援などに携わってこられた
吉田邦博さんのお話をうかがうことができました。

まず、除染。

原発内の工事に入られたご経験もある吉田さんは、
とにかく避難するしかないことを認識されていました。

ところが、国や行政による線引きが進んだ南相馬市では、
汚染度合いに大差はないのに、
避難させてもらえる人もいれば、させてもらえない人も
いるという状態になっていました。

現実問題として、高濃度に汚染されているにもかかわらず
そこで生活している子どもたちがいる。
放ってはおけない。
ご自身の避難はあきらめての除染が始まりました。

実際に除染してみると、コンクリートや瓦に
しみこんだ放射性セシウムは高圧洗浄しても取れるものでは
ありませんでした。

josen1.png


土や砂は入れ替えれば線量は下がりますが、
やはりどこからか飛んでくるものが付着するので、
しばらくすると線量があがっていくそうです。

それに何より、除染して下がったという線量でさえ
現在の日本の法律では、そこで飲食をしてはいけないレベル
であったりするのです。

そこで子どもが生活しているという矛盾。

ところが、地元メディアは、吉田さんの除染活動を、
「こんなに除染をがんばっているから安心して住める」
と報道してきました。

やむにやまれない除染であること、試験的なものにすぎないこと、
この線量では避難させなければ、と訴えているにも
かかわらず、です。

除染すれば住めるという幻想をふりまくメディア。
現行法律を無視する国と行政。

やりきれません。
スポンサーサイト

1キロ100ベクレルの意味

2013.10.08 23:41|放射能
福島県では、お米の全量全袋検査が始まりました。
komekensa1.png

福島県のホームページで詳しく説明されています。
30キロの米袋をベルトコンベアにのせて5秒間はかるそうです。
100Bq/キロ以下のものは安全だから給食に出すとか。

まず、5秒検査の精度についてですが、
完全中立の第三者機関が、同じ検体を30分かけて検査しても
結果が同じということがわかるまでは、
信用しないほうがいいかと。

そして、仮に機械の精度が信頼できるものであったとしても、
100ベクレル/キロを安全としている時点で
この検査、ほとんど意味がありません。

100ベクレル/キロは食べていい数字ではないからです。

日本の法律では・・・
100ベクレル/キロ以上 → 放射性廃棄物としてドラム缶詰め

それなのに、
100ベクレル/キロ以下 → 給食に出しても安全

99ベクレルのものを2キロ食べると
1日に1700万回以上の放射線攻撃を受けることになります


101ベクレルでは厳重管理が必要とされるのに、
99ベクレルは食べてもOKって・・・
こんなことあっていいのでしょうか。

南相馬市からの悲鳴2 線量計の改ざん

2013.10.10 23:27|放射能
福島県。2台の空間線量計が並んでいる。

写真は、ふくしま集団疎開裁判のブログから引用させて
いただきました。


吉田さんの話は続きます。

2011年。福島県内の学校や公園で放射線量を計測する
オンライン線量計の設置が進められていました。

この業務を受注した<アルファ通信>の機器は精度が高く、
国際標準仕様です。

ところが、精度が高いことが仇となりました。
数値が低く出るよう仕様変更しろと要求されたのです。

それを突っぱねると契約は解除となり、
追い討ちをかけるように、
<アルファ通信>に非があるような報道がされました。

そして、すでに設置が進められていた<アルファ通信>の
機器の隣に、別の会社の機器が設置されていったのです。
それらは<アルファ通信>の6割程度の数字になるよう
設定されていました。

人の命を守るための指針となる数値。
それを操作して低くするって・・・

私たちの命がこんなにもあっさりと切り捨てられることに
驚きます。



南相馬市からの悲鳴3 住民を分断させる非情線

2013.10.11 23:10|放射能
Minamisouma.png

原発事故後、南相馬市は複雑に分断されていきました。
計画的避難区域・警戒区域・避難指示解除準備区域・居住制限区域・帰還困難区域

避難させてもらえる人、もらえない人。
補償金をもらえる人、もらえない人。
補償が多い人、少ない人。

そこに妬みが生まれます。

補償をもらえた人の中には、妬みに耐えられず
引っ越していった人もいるそうです。

私だって、我が家が避難もさせてもらえず、
補償金ももらえないのに、道路一本へだてたお隣さんが
避難させてもらえたうえに補償もされたら
妬むと思います。

だから、あちらの人たちは線をひくのです。
市民を分断させて結束させないためには
線引きが複雑であるほどいい。

今、南相馬市は復興モード一色。
危険といえない。
マスクをすると指さされる。
被ばくを避けることよりも優先される近所づきあい。
補償の額をめぐる憎しみあい。

ここに今の日本の縮図があります。
犠牲になるのは子どもです。

南相馬市からの悲鳴4 500ベクレルをまとう子供

2013.10.12 23:59|放射能
日本中、いえ世界中に広めてほしい動画です。


吉田さんが代表をつとめておられる「安心・安全プロジェクト」では
2012年、郡山市の子どもの洋服の放射能汚染を調査されました。

郡山市の中学生の服をシャツ・ズボン・上着と別々に測って合算すると
460ベクレル/kgとか470ベクレル/kg。

南相馬市の理髪店で採取した頭髪は130ベクレル/kg。

南相馬市の中学生が体全体で背負っているベクレル数は
500ベクレルを超えるということになります。

学校をいくら除染しても、
着ている服から放射線被曝するという現状。

学校は、マスクを外す勢いで動いているので
さらに危険。

*********************

500ベクレル。1秒間に500個の放射線攻撃。
1日では
500 × 60(秒) × 60(分) × 24(時間)
= 432000000

洋服と頭髪から1日に4320万回の放射線攻撃。

毎日4320万回も染色体をスパスパと切り裂かれているのに
健康でいられるわけがない。

洋服の調査は2012年に行われており公表もされています。
2013年。郡山市や南相馬市の子どもは避難させてもらえる
ようにはなっていません。

見過ごしたままでいいはずがありません。
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。