スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の学力問題と化学物質の相関関係

2014.08.31 01:05|化学物質
2014年度の学力テストの結果が公表されました。
GakuryokuTest.png
都道府県別統計とランキングで見る県民性 さんから地図拝借

沖縄県の学力、低いです。
もう20年もの間、全国最下位を独走中。

沖縄の先生方の危機感はそれは大変なもので、
「学力テスト全国最下位」の汚名を返上すべく
色々な対策が試行錯誤されてきました。

学力テスト前に過去問題をさせるとか、
宿題の量を増やすとか、
あれやらこれやら。

ところが学力テストの結果が上向くことはなく、
先生方のトラウマにさえなっています。
(ただし2014年度は一部の成績があがったとかで大騒ぎ中)

さらには、沖縄県の先生方の病気休職者の発生割合は
全国ダントツのワースト一位を6年連続で独走中。

あきさみよ~。 (=Oh my god) 

おりから化学物質過敏症について情報収集をしていて
気づいたのですが、
学力問題も病気休職者の問題も、実はシックスクールに
あるのではないかということ。

ホルムアルデヒドなど化学物質の放出濃度は23度くらい
から急速に上昇し、30度を超えると数倍にも達する場合が
あるそうなのです。

   住まいの化学情報センター さんからの引用

   室温23度で0.08ppmでも、30度になれば約0.18ppmになる
   可能性があります。

4月から10月まで海で泳げる沖縄。 
期間にして東京の3倍以上、暑い。暑い。暑い。

つまり、沖縄では、気温上昇にともなって揮発する
ホルムアルデヒドにさらされる期間が
他県の3倍あるいはそれ以上になっているということ。

さらには、気温が高くなればなるほど、あらゆる化学物質が
揮発しやすくなります。
ホルムアルデヒドに限る話ではないのです。

トイレの芳香剤、皮膚や髪に付着したシャンプーや整髪剤、制汗剤、
洋服に残留する洗剤などから、

そう、ありとあらゆるものから、正体不明の化学物質が
半年以上の長きにわたって揮発し続ける沖縄。

シックハウスの症状として、
頭痛やめまい、倦怠感、粘膜がピリピリするなどが
定義されていますが、
たとえ症状が出なくても、集中力が低下するだろうことは
想像に難くありません。

ダウニーなど香料を強化した洗剤が普及し始めた6年前くらいから
沖縄の教員の病気休職率が全国トップに躍り出たのは
ただの偶然でしょうか?

「化学物質過敏症の子供を守ろう」的なキャンペーンをはって、
洗濯や掃除や食器洗いには重曹やクエン酸だけを使い、
シャンプーをやめて湯洗いだけにする、
そんな家庭を増やしていけば
沖縄の学力は劇的に向上し、先生方の休職率も一気に下がる。

かもです。

病気になってしまわれた先生方を筆頭に、
ご一考いただきたいものです。

元気な人は、こういう話を鼻で笑ってとりあってくれませんから。
スポンサーサイト

沖縄の学力問題と化学物質の相関関係 2

2014.09.07 02:08|化学物質
「沖縄の学力問題と化学物質の相関関係」 についてご意見を
いただいたので全文掲載します。

-------------------------------------------
酷い意見です。話になりません。沖縄の子供よりあなたの学力の
低さの方が問題だと思います。

「気温が高い」→「屋内の有害物質の揮発量が増える」→「脳に悪影響が出る」
→「学力が下がる」というメカニズムを考えているようですが、
この地図を見る限り、西日本の方が学力が低い傾向はあるものの、
気温と学力には何の関係もなさそうです。
北海道と鹿児島が同じ水準であることに疑問を抱きませんか?

沖縄がシックハウス大国だというのならば、また気温と学力の間に
因果関係があるというのならば、根拠となるデータを出して下さい。
データの裏付けのない主張は無意味です。

沖縄の教育には政治・経済・歴史など、非常に難しい問題があります。
無知な素人が思い付きでデタラメを言うのはやめましょう。
-------------------------------------------

>>>無知な素人が思い付きでデタラメを言うのはやめましょう。

そこは言論の自由ということでご容赦いただければ幸いです。
フツーの人が思いつきさえをも言ってはいけない世の中は暗黒です。
もっともこれからは特定秘密保護法によって自由にモノを言えなくなるかも
しれませんが・・・。

>>>沖縄がシックハウス大国だというのならば、また気温と学力の間に
>>>因果関係があるというのならば、根拠となるデータを出して下さい。
>>>データの裏付けのない主張は無意味です。

データを取り揃えて化学物質原因論を否定いただけるのなら
謹んで拙論を取り下げます。

思うに、諸条件が似通った2校を抽出し、
1つの学校では化学物質を低減させるよう学校と家庭が協力、
もう1つの学校では化学物質対策をとらない、
そして数年かけて両校の学力を比較していけば
化学物質原因論の真偽がただせるかもしれませんね。

>>>沖縄の教育には政治・経済・歴史など、非常に難しい問題があります。

おっしゃるとおりです。
私も、沖縄の学力が低いことを化学物質のみが原因で
あるとは考えていません。

また、沖縄県に限らず、それぞれの県や地域それぞれに歴史や
特殊性があり、学力問題にも影響しているはずです。

>>>北海道と鹿児島が同じ水準であることに疑問を抱きませんか?

私は北海道の学校を知らないので何とも言えませんが、
他県に比べると、暖房を入れる期間が長いことは確かです。
冬場の室内温度や暖房の種類によって、室内の化学物質量がどのくらい
変化するのか知りたいところですね。

それにしても、この地図で青色になっているのは沖縄県だけ。
GakuryokuTest.png
都道府県別統計とランキングで見る県民性 さんから地図拝借

「うちの子、どうにもこうにも集中力がなくて」
と感じているお母さんが、たまたま私のブログを読んでくれて、
うっそお、と思いつつも
ご家庭内の洗剤を「重曹」と「クエン酸」に切り替えて、
給食をお弁当にし、
添加物のないものを食べさせ、
洗髪を湯洗いだけに変えてみて、

それから半年後、1年後に、
「何となく、集中力が上がった感じがする」
「実際に、成績があがっている」

ということがあれば、私の拙論にも多少は意義が
見出せるのかもしれません。

学校の室内は洗剤臭やらシャンプー臭やらに
満ち溢れているので
1人が変えても劇的には変わらないかもしれませんが、
それでも本人の髪や洋服から揮発するものを
取り込まないだけでも「脳」を含めた
生体機能はアップすると思います。

私の言うことに半信半疑ではあったけれども、
試しに香料が強化された洗剤をやめてみたら
「まぶたの痙攣(けいれん)や眼精疲労が劇的に改善した」
と喜んでいる知人もいます。

当ブログでも引き続き、化学物質が生体機能に
与える影響などなどを考えていきたいと思います。

沖縄の学力問題と化学物質の相関関係 3

2014.09.10 00:47|化学物質
「沖縄の学力問題と化学物質の相関関係」 で参考にしたものの
中からいくつかの資料をご紹介します。

***************************************

北里大学の石川先生が化学物質過敏症について書かれたパンフレット

化学物質過敏症とは

例えば、40年くらい前には花粉症なんて聞いたこともなかったですが、
いまや国民病。

化学物質過敏症、今は聞きなれない病名かもしれませんが、
環境中に化学物質が満ち溢れている現状を考えれば、
このやっかいな病気を発症する人が増えていくのでは
ないかと心配です。

*****************************************

公費による研究結果においても
元気な人の血液や母乳から芳香剤成分など色々な化学物質が
検出されていることがわかっています。

血液内に取り込まれた化学物質は全身を循環していきます。


■平成10年度厚生科学研究費補助金(生活安全総合研究事業)■

分担研究報告書

GC/MSによるヒト生体試料中のクロロベンゼン類、パラオキシ安息香酸エステル類
及びホルモン系除草剤(2,4-D、2,4,5-T等)の高感度分析法の開発と実試料の分析

分担研究者 織田 肇 (大阪府立公衆衛生研究所副所長)
協力研究者 藤島 弘道・月岡 忠・寺澤 潤一 (長野県衛生公害研究所)


研究要旨

ヘキサクロロベンゼン(HCB)、パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)類、2,4-D、及び2,4,5-T等は内分泌系をかく乱する可能性があると指摘されている。そのため、これら化合物の高感度分析法を開発し、生体試料の測定を行い、実態を把握する必要がある。そこで、まずヘッドスペースSPME-GC/MS等による分析法を検討し、実試料に応用できる高感度分析法を確立した。次に、この方法を用いて、成人血(n=6)と、出産した妊婦(n=16)の血液、臍帯血、母乳についてこれら化合物の測定を行った。その結果、成人血からp-ジクロロベンゼン(0.3~210ppb)、HCB(0.07~0.40ppb)が検出された。2,4-D、2,4,5-T及びパラベン類は検出されなかったがパラベン類の代謝物であるp-ヒドロキシ安息香酸(18~72ppb)が検出された。また、出産した妊婦の血液、臍帯血及び母乳については、臍帯血でp-ジクロロベンゼン(n.d.~2.0ppb)、HCB(n.d.~0.1ppb)、p-ヒドロキシ安息香酸(45~293ppb)が検出された。妊婦血液からはp-ジクロロベンゼン(n.d.~2.7ppb)、HCB(n.d.~0.19ppb)、p-ヒドロキシ安息香酸(36~211ppb)、母乳からはp-ジクロロベンゼン(n.d.~9.40ppb)、HCB(n.d.~1.2ppb)、p-ヒドロキシ安息香酸(27~278ppb)が検出された。

本文はこちら

*****************************************

ホルムアルデヒドの毒性については東京都福祉保健局のサイト
を参照させていただきました。

ホルムアルデヒドの毒性

   急性中毒症状としては、ホルムアルデヒドガスの吸入により、
   眼・鼻・呼吸器が刺激され、くしゃみ、咳、よだれ、涙が出ます。                    
   
   慢性毒性中毒症状としては、吸入又は接触により結膜炎・
   鼻咽喉炎・頑固な皮膚炎を起こすことが知られています。
   
   皮膚接触では、刺激性皮膚炎を起こします。
   高濃度になると呼吸困難・肺浮腫などを発生することもあります。

*****************************************

その他、身近な化学物質一般の毒性についてはこちらのサイトを
参照させていただきました。

経皮毒性成分

■ラウリル硫酸ナトリウム
シャンプー、ボディーソープ、歯磨き粉に使われる成分。
洗浄効果を高め、発泡剤、界面活性剤として使用される。
アレルギー性皮膚炎、毛髪の発育障害、視力低下、白内障などの原因になる。

■アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム
台所用洗剤、シャンプー、歯磨き粉に使われる成分。
洗浄効果を高め、発泡剤、界面活性剤として使用される。
アレルギー性皮膚炎、主婦湿疹などの原因になる。

■ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)
シャンプー、リンス、ボディーソープに使われる成分。
酸化防止剤として使用される。
アレルギー性皮膚炎、過敏症の原因になり、神経毒性、発がん性も疑われている。

■パラベン
シャンプー、リンス、ボディーソープに使われる成分。
殺菌防腐剤、保存料として使用される。
アレルギー性皮膚炎、過敏症の原因になる。

■ソルビン酸
歯磨き粉、マウスウォッシュに使われる成分。
殺菌防腐剤として使用される。
アレルギー性皮膚炎、過敏症の原因になり、生体内でカルシウムや鉄と結合することが疑われている。

■蛍光増白剤
洗濯用洗剤に使われる成分。
発がん性が疑われていて、環境ホルモンとしても問題視されている。


■安息香酸塩
シャンプー、リンス、ボディーソープに使われる成分。
殺菌防腐剤として使用される。
アレルギー性皮膚炎、過敏症の原因になる。


■タール色素
シャンプー、リンス、ボディーソープ、歯磨き粉、マウスウォッシュに使われる成分。
着色剤として使用される。
アレルギー性皮膚炎、過敏症、黒皮症の原因になり、発がん性も疑われている。


■直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
洗濯用洗剤に使われる成分。
洗浄効果を高め、界面活性剤として使用される。
アレルギー性皮膚炎、主婦湿疹などの原因になる。

*****************************************

室内温度の上昇にともなって、ホルムアルデヒドの
放出濃度があがることはこちらのサイトを
参照させていただきました。

厚生省のホルムアルデヒド濃度の指針値と室内温度の関連性

*****************************************

こういった情報を照らし合わせて考えてみました。

論拠1
沖縄県の子供の学力は20年間にわたって全国最下位。
先生方のたゆまぬ努力にも関わらず向上せず。
しかも、教員の病気休職率も群を抜いて高い。
教育方法、教員、生徒の質といった内的要因だけではなく、
沖縄県ならではの外的要因を考えてみる必要があるのではないか。

論拠2
日本で唯一、県内全域が亜熱帯気候に属する沖縄県の
教室内(家庭内も)は多様な化学物質が充満しやすい環境下にあり、
さらにはその期間も他県の3倍以上と長い。

仮 説
高濃度の化学物質にさらされる時間が長いことは
沖縄の学力が低いことや教員の病気休職率の高いことを
説明する材料の1つになるのではないか。

*****************************************

この考えを証明するために
高度かつ広範囲かつ長期間におよぶ疫学的調査と平行して
学力テストを行うことも行わせることも不可能ですが、

このブログは学術論文ではないので当然といえば当然です。
学術誌に発表するために書いているわけではありません。

だけど、専門家ではない人間が、命や生活にかかわる問題を
色々考えていくことって大切だと思うのです。

市民による無血革命が進行中のアイスランドでは、
フツーの人たち同士で考えを言い合い、互いに理解を深め、
信頼をも深め、より良い未来を模索し続けています。

専門家にまかせっきりというのが、一番恐ろしいこと。
それに気づいたアイスランドの人たちは行動し、革命を起こしました。
すっごいことです。

アイスランドでは、市民レベルでの情報発信、情報交換こそが、
人々を未曾有の経済危機から救い出し、
自然環境や未来世代を守る原動力となっています。

アイスランドの人たちへの尊敬の念はつのるばかり。

当ブログにおいても、少しでもアイスランドのフツーの人たちの
知性に近づけるよう努力していきたいと思っています。

もしご意見をいただけるのなら、

「あなたの考えのこういうところは、こういうふうに矛盾しているよ。」
とか
「そこはちょっと飛躍しすぎ。このように論を展開していったほうが
より多くの人が納得するはず。」
とか
「そこで論拠としているものは既に時代遅れで、今はこういう考え方に
切り替わっているよ。」
とか、

論拠をもってご指摘いただければ、ブログ上でフィードバックしてまいります。

無名ブログではありますが、訪問してくださった方と
互いに理解を深め合い、信頼を深めていけるような
ブログにしていければいいなと思っています。

沖縄の学力問題と化学物質の相関関係 4

2014.09.13 02:04|化学物質
那覇市の公立幼稚園・小学校・中学校のクーラー設置率(2013年)は
下記のとおり。

幼稚園・・・78%
小学校・・・81%
中学校・・・92%

那覇市外の学校については不明ですが、
基地の近くでは戦闘機の騒音対策として予算が
あてがわれるためクーラー設置率は高いのだとか。

取り残された教室で暑さにあえぐ先生や生徒のために
クーラー設置率を100%にすることが求められている那覇市ですが、
それでも、沖縄県外の小中学校に比較すると、クーラー設置率は
ものすごく高いです。

ところで、窓を閉め切った室内には化学物質が滞留やすくなります。

実際に、クーラーのきいた教室にはシャンプーや洗剤の
ニオイが充満しています。

合成シャンプーや合成洗剤の中には
アレルギーやアトピー、神経障害や内臓障害を
引き起こすといわれるものが多数含まれています。

こんな室内環境が何ヶ月も続いてしまう沖縄。

クーラー設置のない教室では、単純に暑さから
作業効率や勉強効率が落ちることが予想されますが
(35度とか36度にもなることがあるそうです)
閉め切った教室内の化学物質の濃度によっては、
かえって効率が落ちてしまうことも考えられます。

暑すぎるのも酷だけど、
化学物質がこもってしまう環境も
いかがなものか。

・・・ホント難しい。

35度のお湯だけ洗髪。

2014.10.05 01:09|化学物質
職場の30人にも満たないチーム内に
化学物質に弱い人が3人。
1人はかなり重症。
2人は軽症だけどうち1人のお子さんがかなり重症。

これってすでにアウトブレイクのレベルでは???

さらには、アレルギー症状や頭痛などは起きていないものの、
頭皮が真っ赤になっている男性が一人。

日ごろ、人の頭をしげしげと見たりはしないので
隣に座っていても気づかなかったのですが
先週、その真っ赤な頭皮が目にはいってしまったときには
反射的に

もう絶対にシャンプー使わないで!

と大きな声を出してしまいました。
その痛々しいほどに赤くなってしまっている皮膚に
これ以上化学物質をすり込んだらどんなことになるのか。
ホントにそら恐ろしい。。。

それにしても、頭皮がここまで赤くなっていても
シャンプーをやめるという発想にはならないなんて。
ホントにそら恐ろしい。。。

けれども朗報が!

シャンプーとリンスを使わなくてもOK、
というより
使わないほうが髪と頭皮を健康に保てるという認識は、

実はジワジワと広がっているようなのです。

日経ヘルス2014年10月号でも
湯洗いのみの洗髪が勧められていました。

ポイントは35度のぬるま湯にすること。

これ以上熱いお湯で洗うと、
必要な油分までもが洗い流されてしまい
髪がパサついてしまうのだとか。

日経 Health (ヘルス) 2014年 10月号日経 Health (ヘルス) 2014年 10月号
(2014/09/02)
日経ヘルス

商品詳細を見る



頭皮が真っ赤になっている同僚には
化学物質の毒抜きをすることと
35度のぬるま湯で洗い流すだけ洗髪にするよう
お願いしました。

私がお願いするのもヘンな話ですが(苦笑)


◆週に一度塩風呂につかること

◆しばらくは衣類も「塩」で洗って毒抜きすること

◆洗濯と掃除と食器洗いを重曹&クエン酸に切り替えること

◆洗髪は35度のぬるま湯で洗い流すだけにすること


『暮らしと食品の安全』編集長も
湯洗いだけ洗髪にしたら髪と頭皮が元気になってきたと
誌上で報告なさっていました。

35度のお湯だけ洗髪。


オススメです。


| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。