スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故から28年 ママの愛 ママの努力

2014.05.01 00:02|放射能基礎知識
映像報告 「チェルノブイリ 28年目の子どもたち」
Our Planet TV

MariaMother.png


15歳マリアさんのおうちの食卓。
パパは歯科技工士、ママは歯科医師なのだそう。

ママはお忙しいのでしょうが、
ジャガイモは自家栽培。
チーズや牛乳はご主人の実家で作られたものだそう。

   「マリアは肝臓が生まれつき正常に動いていないんです。
    放射能との因果関係はわからないけど。
    外で買ったものを食べると具合が悪くなるので
    自家栽培の野菜と手作りのものを食べています。」

マリアさんの4つ上のお兄さんは生後すぐに痙攣をおこして
重度の知的障害を負ったそうです。
マリアさんは肝臓障害のために死にかけたこともあり、
そして産むことができなかった赤ちゃんもいたと涙ぐむママ。

このお母さんは、チェルノブイリ事故のとき10歳でした。
1986年5月の1ヶ月間、外で式典の練習をしていました。
事故のことは知らされず。

   「かなり被ばくをしたと思う。15歳のとき、
   小さなのう胞がたくさんあることがわかったの。」

わが子が重度の障害を負ったり、
死にかけたり。
産まれなかったり。

このお母さんは、とても恵まれた人に見えるけれど、
死にたいと思うほどの辛い経験を重ねてきて、
そして今は、
マリアさんが苦しまないように、
必死の思いでジャガイモを育てている。

すべては自分が10歳のときの被ばくが原因だろうと思っても
取り返しはつきません。

被ばくさせられていない日本人はいないけど、
ほとんどの人たちが無頓着。

被ばくに無頓着な人たちすべてに、
このお母さんの経験を知ってほしい。
切り捨てられるつらさを分ってあげてほしい。

安全な食事作りのために、
こんなに努力している人がいることを
知ってほしい。

子供の給食にかかわっている人は、
この映像を見て
何か感じてくれるだろうか。

それでも政府の安全基準を妄信するのだろうか。

危機意識を持っているママたちをモンスター扱いするのだろうか。

自分で調べてみようとは思わないのだろうか。

一筆書けば苦しまないで済む子供がいるのに、
その一筆を書ける立場にあっても、
それを拒むのだろうか。

肝臓障害のある娘のためにジャガイモを育てながら
仕事もし、毎日欠かさず料理を作り続けるお母さん。

「かわいそうな人もいるんだね」
「私には関係のないことだし」
で済ませる人が
不幸な子供を増やしていく。

この日本に。
スポンサーサイト

日本の子どもの甲状腺にのう胞 2000年には0.4%

2014.05.02 02:20|放射能基礎知識
山下俊一氏が 2000年に行った日本の子どもの甲状腺調査が
Endocrine Journal という学術誌に掲載されています。

山下俊一氏とは

  国立大学法人長崎大学理事・副学長
  福島県立医科大学副学長(非常勤)
  日本甲状腺学会理事長
  福島県放射線健康リスク管理アドバイザー


学術誌タイトル:Endocrine Journal

ナンバー&掲載ページ: 2001, 48 (5), 591-595

論文タイトル:
Urinary Iodine Levels and Thyroid Diseases in Children;
Comparison between Nagasaki and Chernobyl

SHUNICHI YAMASHITA


この論文によると、甲状腺に「のう胞 thyroid cyst」があった
日本の子どもは250人中1人。0.4%です。
その他、のう胞性変化のある子は0.8%、
甲状腺腫は1.6% だったそう。

母数となっているのは、2000年時点で7~14歳の
長崎、浜松、北海道に住む子供たち250人。


cystic degeneration 0.8%
のう胞性変化、のう胞様変性

goiter
《病理》甲状腺腫    1.6%

cyst of thyroid
甲状腺のう胞  250人中 1例

thyroid nodule     ゼロ
甲状腺結節


2000年頃の日本には、甲状腺にのう胞やのう胞性変化、甲状腺線腫がある
子どもは、あわせて2.8%しかいなかったと報告されています。

以下、Endocrine Journal より該当部分抜粋。


   The study was performed in the beginning of
   2000. UI concentrations in morning spot urine were
   measured in 100 subjects (11-17 years old) in Gomel,
   Belarus and 250 subjects (7-14 years old) in Nagasaki
   (south Japan).

   In order to evaluate the geographical
   differences in Japan, samples were collected in
   Hamamatsu (middle Japan, 50 subjects, adults) and
   South Kayabe, Hokkaido (north Japan, 50 subjects,
   adults).

   In Nagasaki, only four cases showed goiter (1.6%)
   and two cases (0.8%) had cystic degeneration and
   single thyroid cyst.
   There was no evidence of thyroid
   nodule detected by US examination.


福島の子どもの甲状腺にのう胞 2013年に55.4%

2014.05.03 00:38|放射能基礎知識
第14回福島県「県民健康管理調査」検討委員会
報告書がPDFファイルにまとめられています。

2013年(平成25年)に福島県内の子ども73,666人の甲状腺にエコーを
かけてみると、
40,832人に20mm以下ののう胞が見つかったそうです。

201311Nouhou55.png

今まで、日本の子どもの甲状腺に異常があるなんて
ごく稀なケースだったため、
子どもののう胞についてのデータが蓄積されてきませんでした。

母数が数十万人規模となる甲状腺検査エコー検査は日本の歴史上
初めての試みです。

原発事故のあった2013年ののう胞発見率は36%

昨日ご紹介したとおり、日本甲状腺学会理事長 山下俊一氏が
共著者に名を連ねる論文では、
日本の子どもの甲状腺のエコー検査では
のう胞発見率は母数250人に対して1名。
わずか0.4%でした。

甲状腺の権威である山下俊一氏は、
福島県「県民健康管理調査」をとり仕切る
福島県立医科大学の副学長でもあります。

2000年 子どもののう胞発見率 0.4%
2011年  原発事故の年    36%


事故前にはゼロに近かったものが90倍に激増。

マリアさんのお母さん
「事故が起こった10歳のときにたくさん被ばくしたと思うわ。
 15歳のとき、のう胞がたくさんあるのが見つかったの。」
と言っていました。
その後、不幸な出産を3度も経験されています。

20mm以下ののう胞発見率は毎年増加しています。

2011年ののう胞発見率は36%

2012年には44.6%

2013年には55.4%


のう胞は「良性のことが多い」そうですが、
それにしてもこの増え方は異常。
恐怖を感じます。

そして平時には100万人に1人といわれる小児甲状腺ガンが
母数30万人に対して74例も見つかっています。

チェルノブイリでは、全国民に半年に1回の
健康診断が行われます。

異常が見つかったときには手遅れになっていることが
多いためです。

福島県では、のう胞が見つかった子どもの再検査は
2年後
と定められています。

恐怖を感じます。

2011年3月 山下俊一氏の講演会

2014.05.04 00:02|放射能
福島県放射線健康リスク管理アドバイザーによる講演会
2011年3月21日(月)14時00分~15時00分 福島テルサ 福島県
WARNIG 信じると危険


0:00~0:34

■今の放射能測定値で外出しても問題はないのか?

山下俊一氏の回答

  汚染の程度が 100マイクロシーベルト/毎時 を超えない限り
  まったく健康に影響を及ぼしません。

  5とか10とか20とかいうレベルで外に出ていいのかは
  明確です。
  まったく問題ありません。

  どんどん外に出て遊んでください。

  いわき市でも同じことを言いました。
  福島市でも同じです。


この講演会から3年もたたないうちに
通常は100万人に1人といわれる小児甲状腺がんが
母数30万人に対して74人も見つかっています。

2年に1回3分間のエコー検査しかしていないのに、です。

1時間に100マイクロシーベルト。
1日では2400マイクロシーベルト

日本の法律では、被ばく許容量は
1年間1000マイクロシーベルト
定められています。

この方のおっしゃることに
恐怖しか感じません。

この山下俊一氏、今度は避難者の帰還を支援されるそうです。

長崎大が福島復興へ新組織 帰還支援など強化へ
2014年05月02日 読売新聞

   長崎大は1日、東京電力福島第一原発事故の影響が続く
   福島県への支援を強化するため、
   「福島未来創造支援研究センター」を発足させた。

   避難住民の帰還を支援するほか、被災地の医療者や復興に携わる
   職員の放射線教育にも力を入れる。

   同大は昨年度、福島復興に全学的に取り組むための作業部会を
   設置したが、より具体的に医療や放射線などのノウハウを復興に
   役立てようとセンターを発足させた。

   情報発信などを行う「業務支援」、
   被災地の医療従事者や自治体職員らへ放射線教育を行う「教育支援」、
   環境放射線の測定や、住民の帰還支援などを行う「復興支援」
   の3部門で構成。
   
   センター長には福島復興担当副学長の山下俊一理事が就く。


恐怖しか感じません。

2014年 若い人が何度も骨折する日常

2014.05.05 00:02|雑記
AyakaXray.png


17歳のアイドル。

今年2回目の骨折。

ふとしたはずみに。

高所から落ちたとか、
車にはねられたとか、
そういうのではなく。

ストロンチウムなど放射性物質が
体内に入ると
骨がもろくなることが
知られています。

ちょっとぶつけたとか、
ちょっとひねったとかで、
簡単に骨が折れてしまう。

あーりんこと佐々木彩夏さんの骨折が被ばくのせいだと
証明はできませんが
否定もできません。

AyakaKurumaisu.png
お姫様ドレスで車イスにのるあーりん。


被ばくはしたもの負け。

いつ、どんなふうに弱るのかは
神のみぞ知る。

目の病気に注意

2014.05.06 00:02|放射能
正造 ‏@etosha0824 · 4月28日

   白内障や網膜剥離が増えると思っていたが違った。
   その前に、重症のドライアイや眼底出血、
   眼圧コントロール不良の緑内障、
   原因不明の視力低下が増えている。

   キャパを越えてる。

   3年過ぎた300km圏。


眼科医の方のツイッター。

原発事故が起きると細かな粒子となった放射性物質が
大気中に拡散されます。

その粒子を呼吸や飲食によって体内に
取り入れることが内部被ばく。
発病リスクは数百倍から数千倍にはねあがります。

そして

外気に触れている 目 も

大きな危険にさらされます。


チェルノブイリ周辺では、
学校で視力の落ちる子どもが激増し、
政府関係者が線量を測りにきて、
翌日に廃村
となった村がいくつもあるそうです。

私有財産を認めない、社会主義国だったから
できた荒技です。
翌日に廃村。

突然住んでいた場所を追われるのはもちろん
つらいことだけど、
命を守るために
「廃村」は絶対的に正しい選択。

目の病気。

重症のドライアイ
眼底出血
眼圧コントロール不良の緑内障
原因不明の視力低下

もちろん白内障や網膜はく離も。

注意が必要です。

2011年3月 山下俊一氏の講演会 2

2014.05.07 00:02|放射能
福島県放射線健康リスク管理アドバイザーによる講演会
2011年3月21日(月)14時00分~15時00分 福島テルサ 福島県
WARNIG 信じると危険


0:34~1:10

■洗濯物を外に干しても大丈夫なのか?

山下俊一氏の回答

   洗濯物はなるべく外に干さないほうがいい。
   部屋の中に干すほうが安全です。
   20分の1か10分の1くらい放射性のチリ
   つき方が違います。

   少なくとも数マイクロシーベルト・毎時では全く
   差がありませんから。
   心配ありません。


原発事故によって「放射性のチリ」が出ることを
ご存知だった山下俊一氏。

放射性のチリは呼吸によって体内にとりこまれ、
血液にのって全身をめぐります。

一部は体外に排出されるものの、
一部は脳や骨、あらゆる臓器や筋肉のどこかに
沈着します。

放射性のチリは
絶対に人体にくっついてはいけない
危険なもの。

洗濯物にくっつくのなら
髪や肌や目鼻や衣服にだってくっつきます。

それなのに「子どもは外で遊ばせてください」
と言い切った山下俊一氏。
恐ろしすぎます。

しかも「数マイクロシーベルト・毎時では全く差がない」
だなんて。

毎時5マイクロシーベルトでは24時間で120マイクロシーベルト。
10日もいると1200マイクロシーベルト。

一般人の年間被ばく許容量の1000マイクロシーベルトを
超えてしまう。

恐ろしすぎます。

この山下俊一氏が、長崎大学が発足させた
「福島未来創造支援研究センター」の
センター長になり、

避難住民の帰還を支援し
被災地の医療者や復興に携わる職員の放射線教育
を行うのだそうです。

この方の言うとおり子どもを外で遊ばせた結果、
平時の200倍を超えるペースで小児甲状腺ガン患者が
出ているというのに。

恐ろしすぎます。

2011年3月 山下俊一氏講演会 3

2014.05.08 00:02|放射能
福島県放射線健康リスク管理アドバイザーによる講演会
2011年3月21日(月)14時00分~15時00分 福島テルサ 福島県
WARNIG 信じると危険


1:12~1:55

■水道水の安全性は?


山下俊一氏の回答

   水道水は、問題になるのは放射性ヨウ素だけです。

   セシウムはフィルターでとられてゼロになりますので、
   たとえ少し汚染されてもゼロになります。

   放射性ヨウ素はそのフィルターを通り抜けますから、
   このレベルが問題です。

   原則的には確か、300ベクレル/Kgということで、
   単位が出ます。
 
   各地区の水道水は定期的にチェックされてますから
   それを越す場合には、
   今の勧告は飲まないほうがいいでしょう。

   しかし、ボイリングしたり、あるいは
   洗濯に使うぶんにはまったくないし、
   その水は極めて、8日の半減期で拡散されて
   ほぼゼロになります。

   今の放出がなければ、もう少しすると
   安全性が出ると思います。


1キロあたり100ベクレル以上のものは放射性廃棄物。
300ベクレルを安全とするなんて正気の沙汰ではなかった。

水に溶け込んだ放射性物質を飲むのはもちろん危険
だけど、水さえキレイならいOKという話でもない。

放射性物質が気化・蒸発していくと、水はきれいになる
かもしれないけど空気は汚れる。
その空気は吸ってもOK・・・なわけがない。

それに水の中にはヨウ素のほかにもセシウムやら
ストロンチウムやらウランやらプルトニウムやら
色々入っている。

それぞれ沸点が違うなど性質も異なる。

安易に水を飲んでもOKというのは、
本当に恐ろしいこと。


2011年3月 山下俊一氏講演会 4

2014.05.09 00:02|放射能
福島県放射線健康リスク管理アドバイザーによる講演会
2011年3月21日(月)14時00分~15時00分 福島テルサ 福島県
WARNIG 信じると危険


1:56~2:15

■地下水の安全性は?

山下俊一氏の回答

   地下の微生物、フィルターの効果は非常に強いので
   地下水に到達する前に半減期でなくなってます。

   ですから、原則、地下水は数メートル以上であれば、
   まったく心配ありません。


絶句。

微生物がそんなにすごいフィルター効果を持つのなら、
汚染水問題はすべて解決するはずですが
まったく解決してません。

地下の微生物には放射性物質を除去する
フィルター効果などないからです。

ここまで堂々とウソを言えるのは
住民を守るつもりのない国や福島県が
バックにいて、彼の身分を保証しているからだと
考えざるをえません。

山下俊一氏。

国立大学法人長崎大学理事・副学長
福島県立医科大学副学長(非常勤)
日本甲状腺学会理事長
福島県放射線健康リスク管理アドバイザー
福島未来創造支援研究センター・センター長就任予定

この方が要職についておられることは
私たちにとっては
「自力で何とかしなければ死ぬ」
ことを意味します。

2011年3月 山下俊一氏講演会 5

2014.05.10 01:26|放射能
福島県放射線健康リスク管理アドバイザーによる講演会
2011年3月21日(月)14時00分~15時00分 福島テルサ 福島県
WARNIG 信じると危険

2:16~3:38

■放射性セシウムの人体への影響は?

山下俊一氏の回答

   先ほどの質問は、なぜ放射性ヨウ素だけなのか、
   セシウムもあるじゃないかと、

   放射性ヨウ素の半減期は8日ですが
   放射性セシウムの半減期は30年です。

   体に入ったら60日で半分になります。
   エネルギーはヨウ素よりも遥かに低いですが、
   セシウムは必ず体にはいります。

   じゃあ、このセシウムは体に入ったらどこに行くでしょうか。
   ほとんど、尿に流されますね。

   一部、体の筋肉にはいる。
   しかしそれは、半減期とともに減っていく。

   10という放射線のレベルが5になるのに
   かかる日数です。

   自然に、放射性物質は壊れていきます。
   壊れるというのは、放射線を出して
   安定的なものに変わっていくんですね。

   そのときに出す放射線の量が半分になっていきます。
   それにかかる日数を半減期といいます。

   私たちの最大の研究成果は、放射性セシウムをずっと
   食べ続けたという人が
   チェルノブイリの周辺に数百万人います。

   このレベルどころではありません。

   放射性セシウムを食べ続けた、
   汚染されたキノコを食べ続けた、
   という方がたくさんいます。

   20年フォローしてきて、病気は何も増えてきていません。

   つまり、筋肉に少し入った放射性セシウムは、
   半減期が体のなかで60日で消えていきます。

   ベクレルも非常に低いので
   まったく心配しなくていいので、
   今日は放射性放射性セシウムの話はしませんでした。

   ましてや水道水ではフィルターで全部抜かれますから
   水の中に出てくるのは放射性ヨウ素だけです。

半減期が短い核種ほどマシンガンのように放射線を放出します。
だから初期の被ばくはとてつもなく危険。

私も私の家族も含め、2011年3~4月に
東日本にいた人たちは放射性ヨウ素によって
大量の被ばくをしてしまいました。

それでもせめて、学校を閉鎖して子どもを外に
出さないように勧告することくらいはできたはず。
やるべきことの真逆をするのが日本のエライ人たち。

それにしても山下氏は、放射性物質の半減期と
体からの排出日数の違いをあえて混乱させるような
話し方がとてもお上手です。

まさに息を吐くように嘘をつく。

   放射性セシウムを食べ続けた、
   汚染されたキノコを食べ続けた、
   という方がたくさんいます。

   20年フォローしてきて、病気は何も増えてきていません。

増えた病気をカウントしないという「科学的手法」
を用いるとそうなるのかもしれません。

汚染されたキノコを食べ続けた人たちが
バタバタと倒れていったことは
チェルノブイリ周辺地域の人たちにとって
は悲しい歴史であり今も続く悲劇です。

チェルノブイリから100キロ以上離れた町で、
28年後の今、まともに体育の授業を受けられる
子どもは全体の4分の1だけ。


日本よりもはるかに低い汚染レベルの町で、
住民は日本よりもはるかに手厚い医療や保養を
受けさせてもらえたのにです。
| 2014.05 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。