スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障がい者施設の給食

2014.07.03 01:00|雑記
パート勤務で、障がい者施設の給食を作る仕事を
始めたという友人に聞いた話。

栄養士さんは、栄養バランスを考えた献立を作る。
それをパソコンに入力する。
すると自動的に食材の購買が完了するのだそう。

なんとも効率的だけど、
何だか怖い。

まずは献立ありき。

今まであまり考えたことがなかったけど、
それってホントに不自然な買い方。

春野菜、夏野菜、秋野菜、冬野菜。
入手できる地場野菜は季節ごとに異なるのが当たり前。

沖縄であれば、台風通過のあとは野菜が入手できなくなり、
価格もはねあがる。
そういうときは乾物などでしのぐしかなくなる。

マルコムXは自家栽培の野菜を食べていたとか。
自分が食べるものくらい確保できなければ戦えない
という信念から。

ふむふむふむ。

確かに。

こんな表示を見てしまうと色々考えさせられます。

NaganoHokkaidoKinoko.png

スポンサーサイト

国民を困窮化させるばかりの安倍政権

2014.07.04 02:47|雑記
shouhizeiZouzeiPoster.png

消費税はアップしたけれど、年金などもらえるものは減る一方で
保険料など支払うものは増えるばかり。
今回の3%増税は金額にすると8兆円。

日経BPの記事によると
   15兆円の追加財源があれば、医療・介護をすべて無料化し、
   生活保護手当て支給のカバー率を100%にできる。
   15兆円あれば「国民の誰もが医・食・住を保障される国」が
   実現できる。

えええええっ?
15兆円どころか20兆円くらいは確保してるはずなのに、
生活苦しくなるばかりってどういうこと?

FutanzouSchedule.png

どうやら増税分は大企業の減税にあてられるほか
ムダな公共事業、集団的自衛権の行使にともなう「防衛費」
などに使われるようです。

納得できます?
できなかったら電話です!
誰に?
あなたの選挙区の国会議員に!

地元選出の国会議員事務所に電話してみると、
本人は出なくても、選挙区の住民の陳情に対しては
事務所の方が意見をきいたり、
政策について説明してくれたりします。

「先生のご活動についてブログで広めたいので」
などと言えば、かなり真剣に対応してくれます。

そういった電話が増えるほうが
デモよりも効果があるといわれます。

ドコモのかけ放題プランなど、電話代かからずに
電話できるようになってきたことですし、

時間があれば議員に電話、してみましょう♪

長電話になるときは電磁波防止のためにイヤホンマイクで♪

関東からの自主避難 岡山県のローカル報道から

2014.07.05 22:27|放射能
KSB瀬戸内海放送 公式チャンネル



岡山県に移転開業された三田医院。

開業直後から「関東からの」診察希望者が殺到している
という現実。

神奈川県から来られたお母さんは、診察だけではなく
行政による移住相談も受け、
自主避難者と出会い、つらい心のうちを
吐露しておられました。

不安を語ることさえはばかられる関東から
ひとたび西日本に来てみると、
安全な環境にホッとするとともに。
やっと本音の話ができるようになる。

3年前の自分を見ているようでした。

移住すれば移住したなりの苦労や幻滅も
あるかもしれないけれど、
汚染が明らかな関東で子育てすることの
リスクに比較できるものなんてない。
そう思います。

2014年7月6日(日)森住卓さん講演会 1

2014.07.06 23:31|放射能
2011年3月。福島第一原発が爆発したとき、
テレビでは「水蒸気爆発だから心配ない」「原発は安全」
とばかり報道されていました。

それでも不安に思って情報収集をしていたときに行き当たったのが
OurPlanetTV 森住卓さんの取材映像。

福島原発の数十キロ先の場所でガイガーカウンターの針が
振り切れていて、
不吉なアラーム音が鳴り響いていて、
線量が高すぎて測定不能だと、
通りかかった地元の人たちに「逃げてください」と、
緊迫した様子が映し出されていました。

今日、森住さんご本人にお目にかかることができて、
「森住さんに子どもの命を助けてもらったと思っています。感謝しています」
と伝えることができました。

森住卓さんは、世界中の放射能汚染地帯、そして沖縄の高江など
基地問題を取材し続けてこられたフォトジャーナリスト。
そして今とくに注目を集めているのが放射性物質を可視化する写真です。

キラめく粒子をまとった上履き。発光するキノコ。
AutoRadioGraphy といわれる手法で撮影された写真。
1枚の作成に2-3ヶ月かかるのだそうです。

森住卓さんは、福島県に残ってがんばっておられる方々の写真も
数多く撮影してこられましたが、
それを発表することができなくなっていったそうです。

福島県でがんばっている人の笑顔を広めることが、
福島県は安全なのだと言う印象を広めることになり、
それがひいては福島県民の被ばく加担になってしまう
のではないか。

フォトジャーナリストとして、撮影した写真を発表できないという
ジレンマ。 恐れ。 不安。 葛藤。

放射性物質を可視化する写真を撮るにいたったのは、
誰にも見えないけれど、そこに存在する物質があることを
知ってほしいと思ったから。

危険を回避してもらうために。

・・・涙出ました。

発光写真のこと、もっとたくさんの方に知ってほしいと思います。

森住さんの取材活動のおかげで命を救われた人間がいることも。

311の後、まともなジャーナリストが数少ないこと、
良心的なジャーナリストほど活動費がなくて困っていることなど
少しずつ気づくことができました。

まっとうな情報を得るためには、まっとうな活動をしてくれている
独立系ジャーナリストや独立系メディアを応援するしか
ありません。

森住さんは、私たちが、私たち自身のために
応援し続けなければならないジャーナリスト。
そう確信しました。


沖縄・高江 やんばるで生きる沖縄・高江 やんばるで生きる
(2014/04/04)
森住 卓、三上 智恵 他

商品詳細を見る


福島第一原発風下の村 森住卓写真集福島第一原発風下の村 森住卓写真集
(2011/12/15)
森住 卓

商品詳細を見る


セミパラチンスク―草原の民・核汚染の50年セミパラチンスク―草原の民・核汚染の50年
(1999/09)
森住 卓

商品詳細を見る


イラク 占領と核汚染イラク 占領と核汚染
(2005/08)
森住 卓

商品詳細を見る

2014年7月6日(日)森住卓さん講演会 2

2014.07.07 23:51|放射能
森住さんは、どこか遠い目で、色々なことをお話くださいました。

沖縄のキャンプ・シュワブでは基地建設が着々と進められていること、

辺野古の海底には巨大な珊瑚があり、
ジュゴンが海草を食んだ跡があり、

それらは基地建設によって失われてしまうであろうこと、

原発事故直後の双葉町や飯舘村の様子、

住民の避難に向ったバスの運転手が
どこに避難させればいいのかを知らされて
いなかったこと、

もぬけの殻になった双葉厚生病院、
線量の高い避難所、
何の情報も持ち合わせていない人々。

そして、

放射性物質を可視化する写真。

アドバイザーとして、矢ケ崎克馬先生が、
この「放射能を可視化する写真」について
解説を加えてくださいました。

キラめく粒子をまとった上履き、手袋、瓦、
そして発光するキノコ。


キノコは、水に溶けた放射性物質を吸い上げたために
内側から発光しているのだそう。

モノの表面に付着しているのは水に溶けていない放射性物質。

とてもキレイだけれど怖い写真。

この写真を撮影するにいたった森住さんの心の葛藤を
知ってからは、
彼の魂がうつっているように見えてなりません。



〈JVJA写真集〉3・11 メルトダウン〈JVJA写真集〉3・11 メルトダウン
(2011/07/05)
日本ビジュアル・ジャーナリスト協会、 他

商品詳細を見る


楽園に降った死の灰―マーシャル諸島共和国 (シリーズ 核汚染の地球)楽園に降った死の灰―マーシャル諸島共和国 (シリーズ 核汚染の地球)
(2009/03)
森住 卓

商品詳細を見る


イラク・湾岸戦争の子どもたち―劣化ウラン弾は何をもたらしたかイラク・湾岸戦争の子どもたち―劣化ウラン弾は何をもたらしたか
(2002/04)
森住 卓

商品詳細を見る


六本足の子牛―カザフスタン共和国 (シリーズ核汚染の地球)六本足の子牛―カザフスタン共和国 (シリーズ核汚染の地球)
(2009/05)
森住 卓

商品詳細を見る


無責任の背景となりわい訴訟

2014.07.08 19:29|なりわい訴訟
かつて東芝で原子炉格納容器を設計されていた後藤政志さん。
人類史上最悪の原発事故継続中の日本が
原発を輸出しようとしている背景を語られています。



みんな楽しくHappy♡がいい♪さん の文字起こしから一部引用

   事故の原因究明

   ですからこの問題は何が問題かと言いますと、
   「福島の事故原因はなぜだれも責任を取っていないか」
   というのが根底にあります。

   それは想定外の津波が来て、それで事故の予見、
   可能性予見が出来なかった、想定外だったと。
   こういうシナリオにしているんですね。

   そうすると実は地震か津波かという話に関しましても、
   津波が来る前に地震で損傷しているところがあるために、
   一部機能しなかった可能性があるところがあっても、
   それは証拠が無いから分からないという事だったんですね。

     * * * * * * * * * * * * * * * * * 

   自動車をつくったトヨタ自動車と、それを運転する運転手とね、
   事故が起こった時にこのメカニズムはどうか、
   という事は自動車メーカーの方がわかっているんですよ。

   自動車メーカーが責任を負うにきまっているじゃないですか。
   なんで原発においてはGEと東芝は出てこないんですか?
   おかしいと思いませんか?

   そうするとですね、表向きに責任を電力会社が負って、
   しかも実質的には東京電力、電力会社は責任を回避しておいて、
   で、メーカーには責任が及ばないようにしている。



事故後の棄民的政策も、原発再稼動も、原発輸出も、
なぜこんなことができるのかを突き詰めていくと

責任をとらなくていい

と定められた原子力賠償法に行き着きます。

なりわい訴訟はここに風穴をあけようとする訴訟。

40年前の原発さしとめ訴訟において、
原告が訴えた「電源喪失の危険性」
裁判官によって「非科学的」として退けられました。

それが54基もの原発が乱立する現在につながっています。

そして今。

東電に「電源喪失の責任」を問うている「なりわい訴訟」。

「なりわい訴訟」 の行方もまた、日本人全員の未来に、
ひいては日本の原発を輸入しようとしている国々の人たちの
未来に、大きな影響を与えるはずです。

1つの訴訟で原子力に関するすべての矛盾や問題点を
解決できるとは思っていないけれど、
国と東電の責任を問うている唯一の民事訴訟「なりわい訴訟」しか、
転換点になりうるものが、今は見当たりません。

だから、私の未来にも、あなたの未来にも、影響を及ぼす訴訟
になるのだと思われます。

プチトマト栽培記

2014.07.09 21:27|雑記
プチトマトの発芽率は高い。ほぼ100%♪

スーパーで売ってるプチトマトの種を茶こしでとって、
乾燥させたものを土にまいてみると、
かわいい芽がこんなにたくさん出てきました。

2014年お正月

PetitTomato.png



植え替えたらこんなになって

2014年2月

Tomato2.png




実がなりました

2014年3月~4月

Tomato3.png


日々の幸せ♪

あいときぼうのまち

2014.07.11 00:40|映画
あいときぼうのまち



NewsToMove
特集第20回:原発事故被害弁護団 事務局長 X 映画『あいときぼうのまち』

   <菅乃監督ご発言部分から抜粋>

   菅乃監督は今の福島県二本松市のご出身ですね。
   自身のお父様も福島第一原発で働いた経験があるとか。
   因果関係が証明されていないとはいえ、福島に住む人たちの
   今後の健康被害を心配されています。


   監督:いま(原発近隣を含め)避難しているのは10万人くらいだが、
   (県内に)住み続けている人は190万人以上いる。
   中通り地域の福島市、郡山市、伊達市、そういう人たちの被害には補償もない。
   その現状は非常に気に病むところだ。

   健康被害とか、今後どうなっていくのかわからないところがいっぱいある。
   それでもその場所で生きるしかない。
   避難しろといっても、行く場所もお金もない。
   そこにいるしかない。

   そういう問題が何も解決していないが、こっち(東京)の方だともう過去の
   出来事みたいになっている。「まだ終っていない」ということを、
   上映によって感じてもらえたらという思いはある。



自分を当事者として考えるか、

傍観者の立場から眺めるのかで、

感じ方は大きく異なると思う。


少なくとも東京は、汚染の当事者。


他人事で済ませられるレベルじゃない。


でもまさか、馬奈木先生が映画対談てところに
登場されるとは。

Google トレンド

2014.07.12 00:02|Googleトレンド
「キーワードの検索件数」 と 
「実際の流行」 
との間には
相関性があるようです。



Googleインフルトレンド より
   Google では、特定の検索キーワードの検索件数がインフルエンザの
   流行の指標となることを発見しました。


GoogleInfluenza.png


見事にリンクしています。



検索ワードの件数は

現実世界を映し出す鏡

燃えつきるまで消えない 白リン弾の破片

2014.07.13 20:44|恐ろしいもの
白リン弾の破片は

燃えつきるまで消えない。


Hakurindan.png


   <上記新聞記事より一部抜粋>

   イスラエル群がパレスチナ自治区ガザへの攻撃で
   使用し、「非人道兵器」だとして国際的批判が強い  
   「白リン弾」とみられる爆弾を浴びた被害者らが
   苦しんでいる。

   サバハ・ハリマさん(45)は4日午後、ガザ北部ベイトラヒヤの
   自宅で家族と昼食をとっていた。
   突然、屋根を突き破って爆弾とその破片が飛散し、  
   白い煙が立ちこめた。
   
   部屋のあちこちに火のついた破片がくすぶり、
   火を消そうとけ飛ばすと、ますます燃え広がった。
   ひどいにおいがした。

   大やけどを負い、腕の肉がはがれた。
   一緒にいた夫と4人の子どもは亡くなった。
   今も傷口が痛み、夜も眠れず、ベッドから起き上がれない。

   手の皮がむけてただれ、黒いやけどの跡が残る
   ハリマさんは「家族と一緒に死にたかった」とうめく。

   担当医師のナフェズ・アブシャバンさん(52)は
   「傷口から煙が噴きだしていた。
   24年間医師をしているが、
   こんな症例は初めてだ」



軍をもたない人たちの居住区への空爆。
肌の上で、燃えつきるまで火を噴く何か。
想像しただけでしんどくなります。

| 2014.07 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。