スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県柏市 子供たちの甲状腺が・・・

2015.11.01 12:10|放射能
柏市の子供の<甲状腺自主検査>の結果が発表されました。

051030 KashiwaKensa


一般的に、C判定が出た子供の99%は悪性ガンになっているそうです。

そして千葉県柏市では173名中11名がC判定・・・。

6.3% ~ 20人に1人以上の割合でC判定・・・。

多すぎる。20人に1人ってあまりにも多すぎる。

ちなみに、検査を受けたのは、
1. 平成4年4月2日から平成23年4月1日生まれの子供・若者
2. 事故当時と検査日において柏市に住民登録のある子供・若者
3. 甲状腺疾患にて通院中でない子供・若者

原発事故があった平成23年の4月2日以降に
柏市で生まれて住み続けている子供はここには含まれていません。

福島県においても、平成23年の4月2日以降に生まれた
子供は先行検査対象外です。

この子たちも甲状腺疾患(も含めたあらゆる疾患)にかかる
超ハイリスクグループに属しているというのに、
自主検査への補助金さえも出さない自治体も、国も、
東電もこの子達のことを実質見捨てている(涙)

柏市在住者全員に、いいえ千葉県、関東、東日本、いいえ、
日本国在住の人たち全員に、半年ごとの甲状腺エコー検査と
血液検査が必要です。

甲状腺、腎臓、肝臓、白血病などは血液検査によってでも
異常を見つけ出すことができます。

補助金があろうがなかろうが、とにかく自費ででも半年ごとに
血液検査をしてもらうことをおすすめします。

風と食と流通を通して被ばく汚染は拡大しています。
日本のどこに住んでいても絶対に安全ということはありません。

ウクライナでは全国民に半年ごとの健康診断を課していました。
被ばくによる健康被害は異常が出てからの進行が早く、
1年ごとの健康診断では追いつかなかったからです。

甲状腺、腎臓、肝臓、白血病などは血液検査によってでも
異常を見つけ出すことができます。

会社で健康診断を受けられる人は、窓口で<甲状腺検査>を追加
してもらうだけ。費用は2000円程度のはず。

全額自己負担の健康診断はお高いかもしれないけれど、
異常が見つかった後は「健康診断」ではなく「診療」となるから
イヤな言い方だけれど保険適用されるので3割負担になります。

とにかく検査費用を惜しまないで。
どうか半年ごとに検査を。

スポンサーサイト

励ましのコメントありがとうございます!

2015.11.02 00:07|アイスランド
<鍋とフライパン革命>翻訳にあたたかい
応援コメントをいただくようになり、
ものすごく励まされています。
うれしいです。
一部、ご紹介します。

■感動した。ただただ感動した いい動画ありがとう

■翻訳、公開、ありがとうございます。
現代が権力という病に冒されていること、これまでのシステムがすでに摩耗していること、それに気づいても感覚が麻痺してしまうことなど、登場する人々の言葉にいちいち頷きながら、「さあ、あなたの国はどうするの? あなたはどう行動するの?」と言われている気がしました。

■日本語字幕ありがとうございます!
アイスランドの市民革命について、断片的な情報ばかりでその後がわからなかったのですが、
ドキュメンタリー映画が作られていて、日本語字幕もついていたなんて、昨日初めて知りました。
いろいろ、検索してたどっていったら・・・、貴女が翻訳されたんですね!
twitterやfacebookなどで、どんどんシェアしています。
最近の市民革命の成功例を知ることによって、一人一人が考え行動することの大切さが少しでも多くの人に伝わればいいな・・・って思っています♪
ありがとうございます。

-------------------------------------------

アイスランドで市民革命があったらしい。

2012年ころに、ネット上に駆け抜けた情報。

大手メディアが報道することもなく、かといって小さなメディアも
報道することはなく、くわしいことは分からずじまいでした。

私自身、革命といわれるものの内容が気になって
情報を追っていたのですが、そこでたどり着いたのが
ミゲル・マルケス監督が自主制作された
<Pots, Pans and Other Solutions>
という映画でした。

監督についても映画についても
よくわからないまま少しずつ翻訳を始めてみたところ、
あまりにも素晴らしい内容であることに驚きました。

そして翻訳を進めるうちに色々な方から問い合わせを受けるようになり、
当ブログが仲介役となって
思いもかけないつながりや動きが生まれ始めています。

問い合わせを受けたことがきっかけとなって
ミゲル・マルケス監督ともお話することができました。
あたたかい人柄の、笑顔がとてもチャーミングな方でした。

マルケス監督の、民主主義や政治運動や通貨問題などへの知見の深さに
尊敬の念は深まるばかりです。

マルケス監督のトークセッションもぜひご覧ください。

マルケス監督について、そして映画<鍋とフライパン革命>については
皆様の Facebook Twitter ブログ などで拡散いただけると
うれしいです。
引き続き、応援よろしくお願いします。






173人中11人がC判定

2015.11.03 03:59|放射能
甲状腺検査でC判定となったら
そのうち99%が悪性ガン。

2015年7-9月、千葉県柏市から費用の一部助成を受けて
甲状腺検査を行った柏市の子供・若者173人のうち
11人がC判定を受けたという事実。


6.3%、すなわち
20人に1人以上がガン

恐ろしすぎる数字。

今の学級は30人前後です。

単純計算すれば、
柏市では1学級に1人以上は
ガン患者がいることに
なります。


異常です。
怖いです。
かわいそうです。

一家で死に絶えるか
避難するかの
選択しかないという現実。

原発を作った人が呪わしい。

アイスランドで実刑判決を受けた26名の銀行家&企業家たち

2015.11.04 00:02|アイスランド
2008年10月に倒産したアイスランドの3大銀行
Iceland3banks.png

2008年10月。アイスランドの3大銀行は雪崩を打つように倒産し、
人々の生活は大混乱に陥りました。

Kaupþing banki   カウプシング
Landsbankinn    ランズバンキ
GLITNIR        グリトニル     

アイスランドに金融バブルを作り出しこの世の春を謳歌していた
銀行家・企業家たちの評価は一転し、
インサイダー取引、虚偽申告、不正融資などの
罪を問われていくことになりました。

どんな人たちがどんな罪に問われ、どんな判決を
うけたのでしょうか。

26 bankers already sentenced to a combined 74 years in prison
Iceland Magazine Oct 14 2015

にそのアウトラインが掲載されていました。以下翻訳転載です。


■最高裁判所の判決確定分 (肩書きは事件当時)

2012年2月 
Baldur Guðlaugsson: 経済省事務次官 
インサイダー取引により2年半の実刑判決

2012年6月
Ragnar Z. Guðjónsson :Byr Savings and Loanの最高経営責任者
Jón Þorsteinn Jónsson:Byrの会長
信託業務不履行とエクセター・ケースへの不正融資によりそれぞれ4年半の実刑判決

2013年10月
Styrmir Þór Bragason:MP Bank の最高経営責任者
マネーロンダリングとエクセター・ケースへの不正融資により1年の実刑判決

2013年12月
Friðfinnur Ragnar Sigurðsson:グリトニルの銀行間取引市場部門の取締役
インサイダー取引により15ヶ月の実刑判決

2014年3月
Lýður Ágústsson:投資会社Exista会長 カウプシングの大株主の1人
Bjarnfreður Ólafsson:カウプシングの取締役
市場を混乱させたこと及び監督機関への虚偽申告により8ヶ月・6ヶ月の実刑判決

2014年2月
Lárus Welding:グリトニルの最高経営責任者
Guðmundur Hjaltason:グリトニルの法人融資部門総責任者
Karl and Steingrímur Wernersson:投資会社マイルストーン率いる企業家兄弟
投資会社マイルストーンへの不正融資問題では無罪判決

2015年2月
Sigurður Einarsson:カウプシング会長 
Hreiðar Már Sigurðsson:カウプシングの最高経営責任者 
Magnús Guðmundsson:ルクセンブルグ・カウプシングの最高経営責任者 
Ólafur Ólafsson:有名な企業家 カウプシングの大株主の1人 
SentencedBankers.png
左からカウプシング会長 CEO ルクセンブルグ・カウプシングCEO カウプシング大株主の企業家

2015年10月
市場操作の罪により以下の通り実刑確定
Sigurjón Þ. Árnason:ランズバンキの最高経営責任者 3年
Elín Sigfúsdóttir:企業融資部門取締役 1年半
Steinþór Gunnarsson:証券部門取締役 9ヶ月


■レイキャビク地方裁判所の判決確定分(肩書きは事件当時)

2014年6月
銀行株に手を出して市場操作と不正融資を行った罪により以下の通り実刑確定
Birkir Kristinsson:グリトニルのプライベートバンキング責任者 5年
Jóhannes Baldursson:グリトニルの資本市場業務執行取締役  5年
Magnús Arnar Arngrímsson :グリトニルの法人融資業務執行取締役 5年
Elmar Svavarsson: グリトニルの証券ブローカー 4年

2014年6月
信託業務不履行と不正融資について以下全員無罪確定
Jón Ásgeir Jóhannesson:有名企業家 グリトニルの大株主の1人
Lárus Welding:グリトニルの最高経営責任者
Magnús Arnar Arngrímsson:グリトニルの企業融資部門取締役
Bjarni Jóhanesson:グリトニルの口座マネージャー

2014年11月
市場操作の罪について以下の通り実刑判決確定
Sigurjón Árnason:ランズバンキ最高経営責任者 3ヶ月
Ívar Guðjónsson:ランズバンキの不動産取引部門取締役 3ヶ月
Júlíus S. Heiðarsson:ランズバンキの不動産取引担当者 3ヶ月

Sindri Sveinsson:ランズバンキの不動産取引担当者 
市場操作の罪について無罪確定

2014年10月
ランズバンキが株式取得したパナマ企業への不正融資については無罪確定
Sigurjón Árnason:ランズバンキの最高経営責任者
Elín Sigfúsdóttir:企業融資部門執行取締役

2014年12月
信託業務不履行と不正融資について以下全員無罪確定
Karl and Steingrímur Wernersson:投資会社マイルストーン率いる企業家兄弟
Guðmundur Ólafsson:マイルストーンの執行取締役 およびKPMGの会計士3名

2015年2月
Hannes Smárason:投資会社FLグループ率いる有名企業家
2007年の30億クローナ横領事件の無罪確定

2015年10月
横領の罪により以下実刑確定
Hreiðar Már Sigurðsson:カウプシングの最高経営責任者 6ヶ月
Magnús Guðmundsson:ルクセンブルグ・カウプシングの最高経営責任者 1年半

Skúli Þorvaldsson: 投資家 隠蔽の罪により6ヶ月の実刑確定
Guðný Arna Sveinsdóttir:カウプシングの最高財務責任者 無罪確定

-------------------------------

市場操作と不正融資に支えられた放漫経営の結果
国家が破綻するほどの損失を出した人たちが
実刑判決を受けるのは当然のような気もしますが、

日本についていえば、銀行が不良債権にあえいでいたときは
税金を投入して助け、
経営責任追及はなされませんでした。

その結果として日本が良くなったのならまだしも、
特に自民党政権下ではすべての生活指標は下がりまくり
非正規雇用は増え続け
福祉は削られ
消費税はあがり
円安になり
挙句の果てに推進されるのは
国民総被ばく政策。

それでも多くの日本人は、現状を笑顔で受け入れていく。

命も財産も根こそぎ持っていかれつつあるというのに。

閉された言語空間 2 バイロン・プライス

2015.11.06 00:02|歴史認識
バイロン・プライス Byron Price 1891-1981
ByronPrice.png

バイロン・プライス。

戦時下のアメリカにおいて自国内における検閲と言論弾圧を
主導するとともに

戦後の日本のマスコミを
アメリカ寄りに作り変えていった
司令塔でもあります。


合衆国憲法では言論と出版の自由が保障されていますが
戦争に突入すると検閲が行われはじめます。
戦時下といえどもアメリカ政府が自国民に対して
検閲を行うなんて憲法違反です。

それでも検閲を行おうとするならば、  

   検閲はまったく行われていないかのごとく行われなければならず
   その他一切の報道管制もまた、あたかも存在しないかのごとく
   実施されなければならない。
                 『閉された言語空間』P58

アメリカの検閲は秘密裏に巧妙に行われます。
戦時下においては言論の自由を唱える人たちを
投獄したりもします。

恐ろしいのは、マスコミ自体が、秘密裏の検閲を受けることに
何の違和感も抱かなくなっていくことです。

下記の一文は、1981年ニューヨークタイムスに掲載された
プライスの訃報記事からの一部抜粋です。


   In 1942, Mr. Price described censorship as a military weapon that is
   ''a necessary evil'' in time of total war. His office, he said, tried to avoid
   restrictions so strict that they would keep Americans ignorant of the progress of the war.
   Honored for Wartime Work

   1942年、プライス氏は「総力戦においては検閲は兵器であり必要悪である」
   と述べた。
   戦時中は情報操作によってアメリカ国民に戦況が知られないように仕向けた。
   彼の戦時下の業績は高く評価されている。

「自由の国」アメリカの大手新聞社ニューヨークタイムズがこんな記事を
書いているところに、実はアメリカのメディアには「報道の自由」を尊ぶ精神はなく
それが侵害されても懸念すら抱かない体質であることが露呈しています。

何が検閲されたのかが分からず
プロパガンダとの見分けがつかなくなること。
戦争が終わっても見えない検閲が続くこと。
そのことに違和感を感じなくなること。

知らず知らずのうちに危険な方向へ喜々として
向かわされることになってもわからなくなる。

放射能汚染された食物を<食べて応援>
するなんて、その最たる例といえるでしょう(涙)


アルシング 議会発祥の地アイスランド

2015.11.07 17:11|アイスランド
アイスランドは、王ではなく議会による統治を採用した世界最古の国といわれています。

   この共和国が930年に創立されたとき、
   「アイスランドは王ではなく、法によって統治される」
   という宣言がなされた。

   新しい共和国はすべての出来事を法とゴジの同意審決によって
   解決できることを誇りとしていた。

    『アイスランドからの警鐘』アウスゲイル・ジョウンソンP28

ゴジとは、国内すべての地方の自由農の代表。
今でいえば地方選出の国会議員というところでしょうか。

Althing1.png
《 首都レイキャビクとシングヴェトリル(Þingvellir)の位置関係 》


現在の首都レイキャビクの東約50キロに位置する
シンクヴェトリル国立公園。

930年、このシンクヴェトリルの丘にアイスランド全島のゴジが集まり、
「全島集会」「全国会議」を意味する<アルシング>が開催されました。
これが世界最古の近代議会だといわれています。

「アイスランドは王ではなく、法によって統治される」
という宣言がなされたのもこのとき。

Althing 5

《 かつてのアルシングのイメージ 》


近代議会とはいえど、会場は野外。
全島から集まった人々は野原にテントを張り、開会宣言や演説などは
「法律の岩」(Lögberg ログベルグ)周辺で行われました。

全島域から人々が集まるアルシングは一大イベント。お祭でもありました。
議会の他に、宴会、スポーツや詩の朗誦、商売なども
行われる賑やかな催しだったようです。

議場となっていた「法律の岩」(Lögberg ログベルグ)の前には現在、
アイスランド国旗が掲揚されています。


Althing3.png
《 アイスランド国旗が掲揚されているシンクヴェトリルの丘 》


アルシングの会場となったシングヴェトリル(Þingvellir)は、
北米プレートとユーラシアプレートの境界部分に位置しており
2つのプレートが互いに引っ張りあって形成される
地球の割れ目(ギャオ)を見ることができます。

ギャオが地上に露出している場所は非常に珍しく、
地球上ではアイスランドのシングヴェトリルと
アフリカのエチオピアの2箇所しかありません。

そしてこの<地球の割れ目>は今なお毎年2-3センチずつ
広がり続けているのだそうです。


Althing4.png
《 地球の割れ目ギャオ 》


巨大グローバル企業が儲かるワケ

2015.11.09 05:48|恐ろしいもの


1. 先進国の民間銀行と政府、世界銀行が途上国へ貸し付け

① <開発援助>と称して途上国に融資し、巨大グローバル企業が
  資源開発やインフラ整備、近代的農業に着手する。

② 途上国の労働者は安くこき使われ、資源は安く買い叩かれる。
  インフラ整備では、まっさきに必要とされる病院や学校、上下水道ではなく
  港湾や空港の建設が優先され、農業では先進国向けのタバコやコーヒー等
  ばかりを生産させられ、これもまた買い叩かれる。
  儲かるのは巨大グローバル企業ばかり。

③ 開発援助によって途上国の人々はより困窮し、環境破壊も進む。
  

2. 貸付金利引き上げと資源価格の低迷

アメリカ政府は、70年代に4%であった途上国への貸付金利を
1990年、91年には20%まで引き上げたため
90年代、特に90年、91年に入ってから途上国の返済額は4倍から5倍に
跳ね上がった。

その反面、この時代には途上国の輸出品である石油などの資源価格が
低落したため債務返済はますます難しくなっていき、
1992年の累積債務危機が発生。

産油国メキシコが債務返済不能となり、ラテンアメリカの他の国々、
アフリカ諸国、韓国、インドネシアなども次々と
返済不能の状態に陥っていった。


3. IMF

経済破綻した国へ<融資>してあげるとやってきて政策を批判するとともに
次のように迫ってくる

- 公務員と福祉の削減
- 税率を上げる
- 市場の開放 
- 国営・公営企業の売却


結果、途上国のインフラや国営企業は巨大グローバル企業に
安く買いとられた上に、電気水道代は数倍にも跳ね上がり
現地の人は更に困窮する。



4. 債務返済不可能となった場合

政府が貸し倒れにあう    ⇒ 税金で穴埋め
世界銀行が貸し倒れにあう ⇒ 加盟国の拠出金つまりは税金で穴埋め
IMFが貸し倒れにあう    ⇒ 加盟国の拠出金つまりは税金で穴埋め

貸し倒れにあった民間銀行が困窮 ⇒ 日本の場合には税金で救済

つまり、途上国国民も先進国国民も、開発援助という美名のもとに
搾取される構造になっていて、
儲かるのは先進国政府と結託した巨大グローバル企業と、
その巨大グローバル企業から色々もらっている人々。

このシステムを続けていけば
経済格差どころか
貧困が蔓延し、環境破壊が拡大し、
住める場所も食べるものもなくなっていってしまう。

何とかする方法を考えなきゃです。

IMF支配から脱却したエクアドルの事例

2015.11.11 06:12|素晴らしいこと
エクアドル の コレア大統領

Correa.png

巨大グローバル企業が儲かるワケ
にごくごく簡単にまとめたとおり、
巨大グローバル企業が途上国&先進国双方の国民から
搾取するシステムとなっている途上国への開発援助。

この搾取システムから脱却する方法の1つが
エクアドルで試みられ、成果をあげているようです。

エクアドルは元々の債務額の100倍を返してきているのに
借入れから37年経っても返済が完了しないことに
苦しめられていました。

「社会正義」(27号、2008、上智大学)に掲載されている
CATDM <第3世界債務廃絶運動>ベルギー代表の
エリック・トゥーサン氏の講演録から抜粋。


グローバル経済とそのゆくえ
―IMF/世界銀行を締め出した中南米に吹く新しい風―


   つまり、巨額な対外債務の悪循環ができてしまっているのです。
   これは対外債務であると同時に「無限に続く債務」であるとも言えます。

   この悪循環をどこかで断ち切らないと、これらの国々はここから
   抜け出せません。

   そして断ち切るためにはこれらの債務を帳消しにする必要があります。

   エクアドルの場合、去年、民主的なやり方で新しい政権が誕生しました。
   民主的な選挙によって、44歳の若いコレア大統領が選ばれました。

   新しい政府が誕生してからまだ1年と少ししか経っていませんが、
   意欲的にこの問題に取り組んでいます。

   この新しい政府は内外の債務の監査をするというシステムを取り入れました。
   一つひとつの債権を個別に監査して正当な債務であるのか不当な債務、
   汚れた債務であるのか、というのを見極め、

   それらが不当なものであれば返済しないということを始めたのです。

-----------------------------------

元の返済額の100倍を返しても返済が終わらないって
タチの悪い闇金融の話かと思ったら世界銀行やIMF
からの借入れの話。

ホントにこんなのもう援助でもなんでもない。

いくら借金とはいっても不当なものは不当と主張して
返済を拒否し、無限借金地獄から脱却する。

これが若きエクアドル大統領の決断でした。
消費者金融への過払い分を取り戻すがごとく、です。

その結果が吉と出たことは、エクアドルのインフレ率
推移が証明しています。
コレア大統領の就任は2006年から。

エクアドルのインフレ率推移
EquadleInflationRate.png


ちなみに
IMF/世界銀行を締め出した中南米に吹く新しい風
というタイトルでお話をされた
CATDM <第3世界債務廃絶運動>ベルギー代表の
エリック・トゥーサン氏は、

エクアドルの開発援助融資の中身をボランティア監査し
不当債務を見つけ出すことに尽力されているそうです。

Eric Toussaint1
CATDM <第3世界債務廃絶>デモ中のエリック・トゥーサン氏

Eric Toussaint2
エリック・トゥーサン氏 


援助という美名の下で行われる搾取や、
そこから脱却しつつあるエクアドルの取り組みなどについて
もっと広く知られるようになってほしいです。

他人への理不尽に鈍感でいると、その理不尽さは
やがては無関係だと思っていた自分にも
襲い掛かってくるものだから。

2008年10月 イギリスがアイスランドをテロリスト指定

2015.11.14 13:47|アイスランド
2008年10月。アイスランドはイギリスにテロリスト指定
されるという異常事態に陥りました。

   『アイスランドからの警鐘 国家破綻の現実』
   P262-P289<テロリスト国家>からまとめ。

■イギリスのテロリズム法とは

北アイルランド紛争に悩むイギリスで、ブレア首相時代の2000年に制定された
テロリズム法は、911や2005年のロンドン同時多発テロなどを
受けて幾度かの<改悪>を重ねており、テロリストの<容疑>が
あるというだけで<DNA採取><軟禁><非公開審問>
そして<資産凍結>できるようになっていました。

国立国会図書館調査及び立法考査局による外国の立法 (2008.4)


■ランズバンキのアイスセーブ口座

高金利をうたうランズバンキのアイスセーブ(商品名)口座には
海外、特にイギリスからの資金が多く集まっていましたが、

2008年10月、サブプライムショックを発端とする
経済危機の大打撃を受けたアイスランドの銀行は次々と倒産。

銀行法によっても保険基金の準備金残高によっても、
アイスランド国内預金の保護で精一杯、
海外支店の預金保護まではできそうにはありませんでした。


■アイスランドをテロ支援国家に指定

2008年10月8日の朝から、
まさに生き馬の目を抜くような展開が繰り広げられていきます。

9時15分 ゴードン・ブラウン英首相による記者会見。
     イギリスが予算を組んで国内の預金者を保護することと
     アイスランドへ法的措置をとることを発表。

9時30分 イギリスの子会社<KSF>売却を検討していたカウプシング幹部は
     テレビ画面を通じてイギリスが<KSF>を差し押さえ<ING>に
     売却したことを知る。

10時15分 イギリスにあるランズバンキの全ての資産を
     差し押さえる反テロリズム法
     <ランズバンキ凍結令2008>が成立。

GordonBrown.png
ゴードン・ブラウン英首相(在2007-2010)


■国家と国民の困窮

イギリスにテロ国家指定されたことによって
アイスランドでは一層の預金流出が進み、
クレジットカードの使用も他国との決済も海外貿易も不可能となり、
あらゆる商業活動がストップ。
更なる打撃を被ります。

在英アイスランド人は、空港では税関役人に怒鳴られ、
賃貸アパートから追い出され、仕事を解雇され、
パブでは泥棒だとののしられ暴行されるなどの
屈辱を受けるはめに陥りました。


■事態の収拾

ともあれ、アイスランド国内ではアイスランド中央銀行(CBI)が
事態を収拾し始めます。
やがて銀行が国際手形の交換所となり、
JPモルガンが国内外送金の仲介者として契約を結び、
以後数ヶ月の間に支払いシステムは建て直されていきます。


■それにしても早業すぎて怖い

イギリスが、テロ活動に何の関与もしていない、NATO加盟国でもある
ヨーロッパの小国とその銀行へテロリズム法を適用したのは、
銀行資産を凍結できる最も簡単な方法だったからですが、

それにしても、経済危機発生から1ヶ月もたっておらず、
アイスランドの銀行が倒産したまさにその直後という
タイミングでこんなことをするなんて。

イギリスの公式発表では、アイスランド政府と綿密な交渉が
行われたとされているけれど、
銀行倒産からテロリスト国家指定までの間、
イギリスのダーリング財務相からアイスランドのマチエセン財務相あてに
たった1度の電話問い合わせがあっただけ。

イギリス国内の資産差し押さえや売却については
アイスランド政府にとっても金融関係者にとっても寝耳に水。

前々からアイスランドの銀行が倒産することを見込んでいた
イギリス当局が綿密な準備をしていたとしか思えないような早業です。
恐ろしすぎる。

クライシスアクター

2015.11.15 23:36|恐ろしいもの


テロ現場でなどで泣き女を演じる人を
クライシスアクター
というのだそうです。

アメリカのボストンテロにもフランスのパリ同時多発テロにも
居合わせるなんて、どう考えたってありえない確率
であることから、
この女性はおそらくクライシスアクター。

クライシスアクターを雇う人が
テロの仕掛け人。

その目的は・・・

CrisisActor.png

CrisisActor2.png


イラク戦争の原因にされた911ですが、
あのビル崩落は、制御解体。
予め仕掛けておいた爆弾爆破によってにしか
あのような垂直崩落は起こらないそうです。



911は航空機の突入テロではなくて
誰かが仕組んでおいて航空機のせいにした
大掛かりな自作自演テロ。

クライシスアクターが泣いているパリ同時多発テロも、
自作自演テロ。

イスラム国はイスラエルとアメリカが作った国。

仕掛け人は、慎ましく真面目に生きている人たちを
空爆して難民問題を発生させ、
中東からヨーロッパにまで憎悪と殺戮を広げている。
最終的に世界人口の何割を殺せば気が済むのだろう。

放射能にやられて子々孫々までもの健康を害されるのも
イヤだけれど、
直接的な空爆、炎、難民となること、
そこで憎悪に満ちた目で見られること、
そういったことももちろん
あっていいはずがない。

本当の敵は、巨大グローバル企業の背後にいる仕掛け人。

| 2015.11 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。