スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校欠席者情報収集システム

2015.12.01 21:39|放射能
学校欠席者情報収集システム
<まとめ>が分かりやすく進化!



hokenshitsu1.png

学校欠席者数の多い少ないが
直感的にわかる優れた地図。

水色は欠席者数を公表していない県。

これは感染性胃腸炎による欠席者数だけど
インフルエンザ、下痢、嘔吐、頭痛、発熱などもアリ。

くわしくはこちらへ

比較地図をパッと見ただけでわかるのは
震災前の2010年には欠席者なんて
ほとんどいなかったというシンプルな事実。

そりゃ4年半以上にわたって 日本全国に放射性物質が
拡散され続けているわけで
更に何でも気にせずに食べていたら病気になって当然だけど

それを言っても言っても伝えても伝えても
分からない人の多いこと多いこと。

この地図を見たなら分かってくれるだろうか。。。


スポンサーサイト

ベーシックインカム スイスの最前線

2015.12.13 14:48|ベーシックインカム
スイスのベーシックインカム提唱者 エノ・シュミットさんインタビュー映像



スイスでは来年2016年

憲法を改正して

国民全員に

一定のお金を給付するか否かについて

国民投票が行われようと

しています。



ベーシックインカムとは、職のあるなし年齢を問わず、
すべての国民に一定のお金を給付するというものですが、

エノ・シュミットさんは、ベーシックインカムの概念を
スイスに広め、その是非を国民投票にかけるところにまで
持ち込んだ最大功労者です。

そのシュミットさんに、日本へのベーシックインカム導入を
希求している日本人2人が突撃インタビューを
敢行し撮影した超レア映像。

ご縁あってこのインタビューの英語聞き取りの
お手伝いをさせていただいたのですが、

民主主義とは何か、基本的人権とは何か、
憲法とは何か、直接民主制とは何か、国民投票とは何か
日本人に必要なものは何かなど

核心的かつ革新的なことが、とてもわかりやすい言葉で
語られていて、大きな衝撃を受けました。

ぜひ、ぜひぜひぜひ、ぜひとも
多くの人にご覧いただきたい映像です。



基本的人権としてのベーシックインカム

2015.12.14 00:02|ベーシックインカム
Schmidt1.png

スイスでは来年2016年
憲法を改正して
国民全員に
一定のお金を給付するか否かについて
国民投票が行われようと
しています。



スイスのベーシックインカム提唱者 エノ・シュミットさんは
ベーシックインカムを基本的人権だと考えておられます。

   It is dignity,
   and it is free,
   basis for life for everyone.



シンプルで深い。。。

すべての人に基本的人権があるならば、生きるために必要な
お金は配給されて然るべき。

拙ブログ ベーシックインカムとは 3 を以下に再掲します。

---------------------------------------------

国民のほとんどが農民で、機械化もグローバル化も
されていなかった時代であれば、
やるべき仕事は山のようにあり、
誰もが働かなければやっていけませんでした。

でも今は、働きたくても働けない人が増えている時代。
働けたとしても非正規雇用が多く、
男女の賃金格差もあり、
特にシングルマザーの貧困は深刻です。

日本国憲法には勤労の権利と義務の条文があり、
ここから勤労の意思なきものには社会保障は与えられない
という発想が生まれているようです。

   日本国憲法第二十七条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。

だけれども、なかなか仕事に就けない人、
あるいはまじめに働いているのに
満足に食べられない人たちに向かって
働かざる者食うべからず
なんて言うのは果たして公正なことでしょうか。

グローバル化や機械化、不景気などによって
失業するのは個人の責任でしょうか。

日本国憲法には、健康で文化的な生活を営む権利が
うたわれています。

   日本国憲法第十一条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。
   この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、
   現在及び将来の国民に与へられる。

   日本国憲法第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を
   営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、
   社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

基本的人権は労働の対価でしょうか?

無職の親の子供、貧困家庭の子供の人権は?

日本では5時間ごとに1人が餓死しているという現実があります。


BI4.png


生活保護という制度はあるものの、自己申告せねばならず、
働いているか働いていないか、家族から扶養してもらえるかどうか
などの給付基準があるため
すべての困窮者を救うにはいたっていません。
だから、

すべての困窮者を救うためには
選別などしていられないのです。


ベーシックインカムとは、
すべての人に
無条件で
生活に最低限必要なお金を給付すること。


基本的人権を保障できるのは、生活保護ではなく、
ベーシックインカムなのだといえましょう。



ネコのもぐらたたき

2015.12.16 00:14|雑記


いや~~~~~~~~カワイイ。

こんな光景見たことなかった

2015.12.20 22:28|放射能
震災前、10年近く都内に電車通勤していましたが、
<急病人>で電車が止まるなんて経験はありませんでした。
それが今・・・

taoreteru2.png

taoreteru1.png

副都心線のホームで倒れている人たちが
<寝ている>として認知されている日常も怖い。

震災前、スーツ姿の人がホームで寝ているなんて話、
見たことも聞いたこともなかったけど。

電車内の急病人ツイート数も加速度的に増えているし。

それでもまだ、ほとんどの人がこれを放射能禍と気づいていない
現実が恐ろしすぎる。

何年もたってから小出しに報道するあくどさ

2015.12.24 23:34|放射能
5nenmehoudou1.png
5nenmehoudou2.png

爆発して色々ぶっ飛んだのは一目瞭然。

ぶっ飛んだらどうなるのか。

チェルノブイリをちょっと勉強したらすぐわかる。

それなのに

放射性物質を食べさせるわ燃やすわ建材に混ぜるわ

発狂レベルのことが5年近くも続いている。

で、時々自白めいたことを言ってみる。

それでも騒ぎにならない。

自国民大虐殺政策は続く。

守りたい人から疎まれるやるせなさ

2015.12.27 22:35|放射能
放射能を避けて海外移住された方が一時帰国。
東京で働くお子さんが最近昏倒して入院し、
その後もグッタリとした様子であることが判明。

いわゆる危険厨の母親に対して、入院したことを
隠そう隠そうとするお子さんの態度に
二重のショックを受けるお母さん。。。

ずくなしの冷や水さんのブログから
お節料理の投稿者は厳しいコメントを予見していた そして料理にかかる前にとんでもないことが判明!

一部抜粋


   放射能汚染と健康被害に関して家族や友人が理解を示さず、
   彼らから変人扱いされるだけなら、まだ私は我慢できます。

   でも、病気になって心細かったり苦しんだりする家族や友人が、
   放射能に関する見解が違う事を理由に、私との関わりを避けようと
   するとしたら、それはとても辛い事です。

   何故なら、自分にとって大事な家族や友人の命と健康を守りたいと
   思って、色々調べ伝えて来たのですから。

   それが逆に彼らの心を閉ざし、私を避ける要因になるとしたら、
   何という皮肉でしょう。

   汚染や移住に関して見解の違う家族・友人が体調を崩した時に、
   避けたり実態を隠したりせず率直に話ができる関係、
   どうやったら作れるんでしょう。


家族の誰かに不調が出始めたとき、
放射能に対する見解の違いは、家庭の中でどのように作用するのか。

あらためて考えるとゾッとします。

放射能という猛毒物質と
それを安全という官製デマ。

毒とウソがまかり通ると、和やかだった家庭が分断され、
その分断が更なる分断を招く。
なんて恐ろしい、悲しい、むなしい、悔しいことでしょう。

広河隆一さんがおっしゃっていました。
過去のトラウマを癒していく方法はあるけれど、
放射能汚染は過去の話になってくれないから、
どうやって癒せばいいのか誰にもわからない。

野呂美加さんがおっしゃっていました。
チェルノブイリの子供たちの保養を受け入れてきた仲間が
「元気な子供はいつになったら生まれてくるの?
 いつまで保養させてあげなくちゃならないの?」
と嘆くのだと。

もうすぐ5年。
もう5年?
まだ5年。

おめでとうと書くことさえもが憚られて年賀状が出せなくなりました。
晴れやかな気分にはなれないお正月がまたやってきます。
発病者が爆発的に増えるだろうといわれる2016年のお正月が。

| 2015.12 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。