スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cmk2wlさんのハリケーン 

2016.03.01 01:11|化学物質
harricane.png

cmk2wlさん、HEPAフィルターなしだけど効果バツグンの
水式空気清浄機を完成させた模様。

ちなみに我が家の水式くんは、アマゾンで880円で購入した
メダカの水槽と1000円くらいのコンパクトファン。

フタが外れないし、扇風機が水に落ちる心配がないところが
気に入ってます☆

       P1030002.png

実はここ数年、化学物質に過敏になってしまって
とても大変な思いをしているのですが、
体感として色々なモノを感じ取れるようになると、

室内の汚れというか異物というかは
衣類と化粧品とシャンプーリンスから発せられるものが
大半だということが

文字通り、骨身にしみてわかります。

さらにいえば<人>の汚染すごいです。
髪から肌から毛穴から立ち上る化学物質臭、ハンパない。
だけど本人は無自覚だから、話絶対に通じない。

シャンプーは使わずお湯ですすぐだけにする
・・・ってなかなか受け入れられないかもしれないけど
得体の知れない石油系化学物質を全身に塗りたくるよりも
湯シャンのほうがずっと安全。

それに美容面からも湯シャンはオススメ。
湯シャンを実践し始めた友人はみな、お肌がキレイになって
若返っている感がスゴイです。

さらには、入浴、掃除、洗濯など家事の一切を
環境や肉体に負荷のかからない重曹・クエン酸・純せっけんだけで
行っていけば、室内空気はかなり改善するはずです。

というか改善します。

丹羽久さんのサイトに、重曹やクエン酸の使い方が
掲載されているので必見です♪


スポンサーサイト

気づいて怒って行動しないと変わらない

2016.03.02 11:07|放射能
hibakuneko.png

こんなふうに気づこうよ。

怒ろうよ。

マトモな世界にしていくには、

気づいて怒って

行動するしかないから。


湿度100%。複合汚染を生き抜く生活術

2016.03.09 00:47|放射能
2016年3月7日夜20160308 noumu4

2016年3月8日朝
20160308 noumu2

2016年3月8日昼
20160308 noumu1


湿度100%ではなかった3月1日
20160308 noumu3

フクイチから放射性水蒸気が吹き上げてくるようになってから
全国各地で、今まで観測されたことのなかった
湿度100%
の日が増えています。

2015年11月の終わり頃にも東京濃霧の日がありましたが
その数日後、とある人のダウンジャケットに近寄ると
目が開けられないほど痛くなり涙があふれてきて
その日は終了してしまいました。沖縄です。

東京濃霧、ものすごくヤバい物質がたっくさん含まれていて
それは風にのって遠く沖縄にもやってきて、
髪や皮膚や衣類に吸着されているであろうことを

ビシバシ感じてしまうカナリア体質人間からみると、
これからしばらくは沖縄もやばそうです。

フクイチから放出された放射性物質は少なくとも数百種類、
私たちがフツーに使っている化学物質は数万種類、
それらが互いに作用しあって作り出される物質もあり、

もうヤダヤダ!

ですが、この複合汚染下で多少なりとも不快感を軽減させる
ためにできることもあります。

まずは合成洗剤をやめること

  ⇒しばらくは衣類を塩水でつけおき洗いして化学物質を除去する

そして洗濯物の外干しをやめること


界面活性剤も香料も、汚染物質や化学物質を吸着しやすい
性質をもっているので、
合成洗剤で洗って外に干した衣類を身につけるなんて
ゆるやかな自殺行為に等しい、恐ろしいことです。

ダウン着てバイクに乗る人は、ダウンの上に
ナイロン素材の上着を着用して、それをマメに拭くとか
洗濯するとかしたほうがよいです。

衣類をどうやって乾かすかですが、
お風呂場に突っ張り棒を渡してサーキュレーターと
大容量の除湿機をセットし、換気扇をつけておけば、
冬場でも6時間あればお日様にあてたように気持ちよく乾きます。
夏場なら3時間あれば十分。

↑を実践してみてくれた友人が
「この方法だと洗濯物を取り込むときに感じていた痒みがない!」
と驚いていました。

放射性物質+化学物質+@の複合汚染を生き抜く生活術です。
お試しあれ。
美容にも喘息にもアトピーにも効くはずです♪



JR東で人身事故が急増

2016.03.13 17:54|放射能
産経ニュース 2016.3.12 から

JReastJiko.png

なぜ?JR東で人身事故が急増 
酔客や歩きスマホ原因か、
8年で3倍 
予防策が急務

   JR東日本の在来線で人身事故が急増していることが11日、
   国土交通省の統計で分かった。

   平成26年度は18年度の約3倍に増加。
   JR東は「25年度に人身事故の基準を変更したため」
   と話しているが、
   24年度には既に18年度の約2倍に増えている。

   ダイヤの乱れにもつながる人身事故の原因究明と
   有効な対策が急務となっている。  


そりゃ放射線管理区域と同等以上に汚染されたところに
住んでいれば、一定数の人が倒れて当たり前。

放射性物質による肉体破壊が進めば
あるとき突然意識を失って昏倒。

昏倒した場所が駅ならば、ホームから転落したり
電車に接触したりしてもおかしくない。

駅は、人口密度もダイヤも過密なわけだし。

首都圏と福島を比べれば、福島の核汚染のほうが酷いけれど、

クルマや電車の往来が激しくて、
人口密度が高くて、
汚染物質を吸着してくれる樹木や土や圧倒的に少ない
コンクリートジャングル
首都圏に住んでいる人のほうが

核汚染による肉体破壊が進む可能性が高いかもしれません。

南相馬市の水源地で除染土を燃やす

2016.03.15 20:05|放射能
除染と称して集めた

非常に高濃度の

放射能汚染土を

南相馬市の水源地で

燃やして

資源化して

再利用する


アーニーガンダーセンと飯舘村蕨平の仮設焼却炉を見学①
に貴重な見学記録が。必読です。

ガンダーセン氏らは

文字通り

「ぶったまげ」ていました。


そりゃそうですよね~。


放射性物質は

燃やしたり

拡散したりしては

ならない

という基本的な知識があれば
ぶったまげないほうがおかしいです。


除染と称して集めた
非常に高濃度の
放射能汚染土を
南相馬市の水源地で
燃やして
資源化して
再利用する


どこをとっても末期的で悪魔的で吐き気がしてきます。




テーマ:■異常識時代■
ジャンル:ブログ

ビルギッタさんが語る コラテラル・マーダー

2016.03.23 01:48|アイスランド


2010年6月に公開された<コラテラル・マーダー>には
米軍による民間人銃殺すなわち戦争犯罪が映し出されています。

映画<鍋とフライパン革命>にも登場されている
ビルギッタ・ヨンスドッティルさんは
<コラテラル・マーダー>の共同制作者。

その彼女が<コラテラル・マーダー>について語っている
映像を発見しました。

おっしゃっていることをよくよく聞いてみると、
ホントに先進的で本質的で革命的で驚かされます。

というわけで、ビルギッタさんのトークを全文書き起こし!


Birgitta 1
Birgitta Jónsdóttir


デモクラシーナウ!
放送日: 2010/6/17(木)
米軍内部告発者の逮捕、ウィキリークスは地下に潜る


     B=ビルギッタさん 司=司会者 コ=コメンテーター

3:45くらいから~

司:昨夜可決した法律について説明してください

B:可決はまだしていません。
「現代メディア構想」という法律の制定を提案しただけですが
政府与党を含め全議員が賛同したので立法化は確実です。

世界各国の法律の中から
最も優れた要素を取り入れて
現代に即した
包括的な立法によって
情報と表現の
自由に関する問題に
取り組みます。


情報源の秘匿や

内部告発者の

保護も盛り込んだ

世界最高の法になります。



コ:世界中のコンピュータサーバーの解放区になるのですか?

B:2月に法案を提出して以来、世界の調査報道記者から
すごい反響がありました。
ブロガーの反応もすごかった。

商業メディアの調査報道部なども
かん口令が敷かれた場合に
公表する場所を確保して対抗できます。

ジャーナリズムにとっての
避難所になるでしょう。


プロバイダーへの圧力の問題も解決します。
当局がプロバイダーに命じて特定の情報の掲載を拒んだり
削除させたりする問題です。

情報に関する広範な分野に取り組んでいます。
環境や金融制度と同じく、情報にももう国境はありません。


コ:ウィキリークスとアサンジ氏について話してください。
アサンジ氏が公開した米軍のイラク民間人襲撃ビデオを
「デモクラシーナウ」でも放送しました。
あなたも協力して、アイスランドでビデオをまとめ
公開したのですね?

B: 内容があれですから、とても難しい計画でした。
私はボランティアを集めスクリプトもつくりました。
いちばん大変だったのは、1秒ごとに静止画像を作る作業でした。

映っている人たちが銃殺されると知っていたのですから、

公表前にバグダッドに人を送り、
事実確認をしました。
でっちあげだと
言わせないためです。


選挙中の危険な時期でしたが、
腕利きの記者を現地に派遣しました。
事件のあと現場付近に行った人はいません。

そんなとき、デモクラシーナウ!で、事件の翌日に撮影された
ビデオを見ました。
特に重要だったのは、現場の人々の証言です。
貴重な内容でした。

マスコミは軍の発表をうのみにしますが、
アフガニスタンとイラクの戦争ではこんなことが
日常的に起こっていることを忘れてはなりません。


コ:米国防総省がアサンジ氏を捜索していますね?


B: ウィキリークスは彼が1人でやっているのではなく
私たち全員がいろいろな面でかかわっており
すべての情報を把握している人は1人もいません。
全員が責任を共有しているのです。

米当局の反応にはがく然とします。
マニング氏も起訴されていない。
何の罪を問うのでしょう?

機密漏えいの罪なら英雄です。
戦争犯罪を暴いたのですから。

この非合法な戦争に加担する国は、現地の状況を知るべきです。


司:イラク駐屯の情報部員 マニング技術兵は
ビデオと大量の米政府機密記録を自分が漏えいしたと語っています。
彼がビデオを提供したのですか?


B: 彼がそれを認めたログを確認できないので答えられません。
証拠がありませんのでコメントできません。


司: ビルギッタ・ヨンスドッティル氏は、アイスランド議会議員で
問題となっているビデオ「コラテラル・マーダー」の共同制作者です。

関東に住む2人に1人がストロンチウム汚染

2016.03.26 19:13|放射能
今、あちこちで引用されている話題の記事

【関東に住む2人に1人がストロンチウム汚染】

雑誌社に「もはや原発関連の話題はスペースがない」として
採用されなかった取材記事草稿だそうですが、

人体汚染が進んでいるという関東の危機的状況、
その情報を公表できないという医療界の危機的状況、
危機的状況を知らせることができないジャーナリズムの危機的状況が
わかる秀逸な内容となっています。

記事を書かれたのは神原将さん。

ジャーナリスト・神原将さんの公式サイトはこちら
大好きだった東京、ありがとう、さようなら
原発引越し



■神原将(かみはら しょう)

沖縄県石垣島出身。
東日本大震災以前は、主に芸能人や文人などのゴーストライターとして
多数の画、書籍に関わる。
震災後から自著の執筆や活動に積極的に取り組むようになる。

■過去に企画・製作・執筆に関わった本
『原発引っ越し2 1429の日記』
『原発引っ越し』『HOME2』『HOME』
『自衛隊員が撮った東日大震災』『玉川徹のちょっと待った!総研』『吉田拓郎とつま恋と僕』『飯島愛 孤独死の真相』『「こんな家」に住んではいけない!』『おふくろさんよ』『粘菌~驚くべき生命力の謎~『ルー炎上!』『しょこたんの貪欲☆ラジオ』
など大小80冊以上

**********************************************
<関東に住む2人に1人がストロンチウム汚染>

   *神原将さんののFacebook 2016年3月15日から
    全文引用させていただきました。

以下に掲載するのは、週刊現代、週刊文春、週刊大衆など長年一緒に紙面を
作ってきた編集者に、1年半ほど前に草案として出した原稿です。

どの出版社も記事掲載は拒否。

理由は同じで「もはや原発関連の話題はスペースがない」でした。

ぼくは説得しました。
「大事な取材なんですよ。この記事が読者の視点を変えることができれば、
担当行政にも大きな声が届いて、福島第一の汚染水対策に鹿島建設との
しがらみを超えた、今、本当に必要な対策に乗り出す理由づけに
なるかもしれませんよ。

政治家が自ら言えなくても、こうした記事があれば政策提案もしやすいはずです」

「勘弁してください。もう福島のことは読者の関心も低いんです!」

のれんに腕押しでした。

先日シェアした「福島第一は石棺出来ない」の内容に多くの方が
シェアや共感を寄せていますので、せっかくの機会ですから、
長い原稿なので大幅に修正・割愛して載せてみます。

「福島第一原発の地下水と関東の人体汚染」取材・文 神原将

【ストロンチウム人体汚染】
 2014年広島県にて、とある専門医療関係のフォーラムが開催された。
そのフォーラムに講師として出席した医師のひとりJ天堂大学S医師が、
楽屋にて多くの医療関係者が挨拶に訪れる中、ある事実を発表した。

「関東の2人に1人が
ストロンチウムに
人体汚染されている

ことが分かりました。

またそのなかの多くの方から
プルトニウム汚染も
見つかりました」



S医師は、都内J天堂大学病院に所属しており、独自にここ2年間
人知れず通院してくる患者の協力を得て、人体汚染を調査してきたという。

そのきっかけは、S医師が自身の専門分野の関連として
「放射能被曝と老化現象」を調査研究しようと考えたからだ。

2人に1人というのはショッキングな結果だ。同フォーラムに出席し、
S医師の発表を聞いた別の腎臓内科の専門M医師は次のように話す。

「私たちの立場で、赤裸々にこうした調査研究をマスコミに発表してしまえば、
特定秘密保護法が足かせになる場合もあるし、
業界内外から圧力があるのは避けられないだろう。

神原さんがS医師から立ち聞きしたということで、
資料やソースまでは示せないまでも、意識の高い方々に
それとなく知らせることはしてもいいのではないか」

M医師の力添えを得て取材を続けることに決めた。
S医師が調査したストロンチウムの人体汚染が、
関東の広い地域でみられているのはどういう理由からだろうか。

徳島T病院の医師によると「ルートは水道水、もしくは野菜、
または塩ではないだろうか」という。

水道水であれば水源が汚染されただけで、その水源に依存する
広範囲の地域に影響がある。また、流通に乗る野菜などの食材も
同様のことが考えられる。

何より、ストロンチウムは水に溶けやすい
ことが分かってもいる。

【止まらない地下水汚染】

S医師から関東の人体汚染のことを耳にするのとほぼ同時期に、
私はチェルノブイリ原発事故の石棺対策の際に、
汚染水の漏洩を防ぐために技術指導をした日本人エンジニア、
江口工氏への取材も行うことが出来た。

江口氏は、黒部ダムや青函トンネルの貫通工事の際に、滝のように
湧き出る地下水を魔法のように止めて見せたトップエンジニアだ。

その江口氏の技術を知っていた旧ソ連政府は、チェルノブイリ事故の翌日には、
江口氏に汚染水対策のために技術指導を仰ごうと、アカデミーから3人の
人材を派遣している。当時のマスコミは、この事実を報道しなかった。

江口氏に地下水汚染のことを聞いた。
「福島第一原発の地下水は日産1000トン規模だといいます。
福島第一原発の建つ地域には水量豊富な川が流れていて、
それを埋め立てたとあります。建設に関わった専門家なら
誰でも分かる事実です。

そのため、原発建設当初から溢れ出る地下水には困っていましたから、
多数の井戸を掘って常時水を抜くようにしたわけです。
それがサブドレーンの役割です。

しかし原発事故後、海洋汚染を避けるために水ガラスなどを利用して、
汚染水をせき止めました。それがかえってあだとなり、
水路(みずみち)が閉ざされたことで、豊富な地下水が原発の地下を
ずぶずぶの状態にしながら、他の地域へと流れていこうとしています。

そして、福島第一原発の地下汚染水
をこのまま放置しておくと、
遠からず関東のやわらかい
スースーの地下を行き交うようになります


江口氏によると、地下の世界では地上と違い、
水は高いところから低い場所に移動するだけでなく、
圧力によって、たとえば低い場所から高い場所へ、
海側から陸側へといったように自由に移動するという。

そのスピードは100メートル進むのに1年かかる場合もあれば、
数十キロメートルをわずかな時間で進むこともあるという。
地表から眺めただけでは推測不能だという。

もしも、福島第一原発で溢れ続ける地下汚染水が、
関東の水源にすでに到達しているとしたら? 
ストロンチウムは水を媒介して、水の環境循環に乗り、
広く拡散、汚染することが分かっている。

たとえばその結果、S医師の調査した人体汚染に繋がるとすれば、
一見すると異常だと思われる調査内容にも、道理がいくのである。

原発事故で開いてしまったパンドラの箱は、
福島だけでなく、日本そのものを飲み込もうとしている。

******************************






アイスランドで最も支持されている政治家 ビルギッタさん 1

2016.03.27 00:02|アイスランド


2008年の経済危機後の2009年選挙では新しい政党や左派政党に
票が集まったものの、
2013年の選挙では、経済危機時の保守政党が与党となってしまった
アイスランド。

<鍋とフライパン革命>が大きく後退してしまった中にあって
世界的な注目を集めているのが
アイスランドの<海賊党>です。

一院制63議席の国会で、現時点ではわずか3議席だけを有する
弱小政党<海賊党>ですが、
実は今、与党を上回る支持を集めています。

来年2017年の選挙ではなんと<海賊党>が与党となり、
党首のビルギッタ・ヨンスドッティルさんは
首相となりそうな勢いらしいのです。

まさに台風の目となっている、本当の意味での市民政治家
ビルギッタさんの2015年7月のスピーチ。

日本の政治家も官僚もマスコミも学者も絶対に
言わないことを、当たり前のように言ってのける
ビルギッタさん。
カッコ良すぎる~(尊敬)

というわけで、彼女のスピーチを少しずつご紹介。

**************************
We the People, are the System
~01:54

21世紀は普通の人の世紀になるでしょう。
あなたと、私たちの、世紀よ。

私たちは今、驚くべき変革の時代に生きているわ。
自宅のパソコンからアレクサンドリアの図書館に
アクセスできる時代よ。

世界中で蓄積されてきた知識はデジタル化され、
インターネットを介して利用できるようになったのよ。

その一方で、テクノロジーとネットワークが織り成す複雑怪奇な
時代の始まりとともに、
私たちの民主主義モデルは穴だらけになって崩壊寸前、
警鐘が鳴り響いているわ。

政治、メディア、マネーシステム、教育、企業など、
今までの価値体系はすべて変化の渦中にあるわ。
崩壊しつつあるのよ。

私たちは、何もかもが根本的に変化しつつある今この瞬間を
理解しなくてはならないわ。
なぜなら<今>がその<瞬間>だからよ。

私たちの今ある姿は、今よりもシンプルで小さな社会だったときに作られた
時代遅れのシステムの上に成り立っているけれど、
そのシステムはもはや私たちのためにではなく、
システムそれ自体のためにしか機能していないわ。


民営化していく過程において、福祉国家は骨抜きにされて
崩壊の危機に瀕していったけれど、
現行システムでは、地球の外へと駆け出しているような
異常事態を是正することさえもできない。

The 21st century will be the century of the common people – the century of you, of US.

We live in remarkable, transformative times. We have the library of Alexandria at our fingertips; all the recorded knowledge of the world is being digitized and made available through the Internet.

Meanwhile, our democratic models are hollow and crumbling at an alarming rate as we move further into a new era of complexity, technology and interconnectivity.

The ideologies of the old school of politics, media, monetary systems, education, corporations, and all known structures are in a state of transformation. They are crumbling. Now is the time for fundamental change on all fronts, we have to seize this moment. Because this is THE moment.

Our states are built around systems that are outdated, created in simpler times and for smaller societies. Today, those systems no longer serve the people but are simply self-serving.

The welfare state has been hollowed and is on the verge of collapse, often as a way to privatize it. We are running out of planet and our current systems are unable to do anything about it.

| 2016.03 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。