スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスランド海賊党 5党連立を検討

2016.11.01 10:12|アイスランド
Iceland Election 2016 3

アイスランド総選挙、海賊党が躍進 
NEWSWEEK日本版 2016年10月31日(月)16時30分

より抜粋引用 

   ウィキリークスの元活動家が党首で、直接選挙、政府の透明性、
   市民の情報のアクセスなどをマニフェストとして掲げる海賊党が
   総選挙で14.5%の支持率を獲得し63議席中10議席(これまで3議席)を得て、
   大躍進を果たしたのだ。

   海賊党はほかの3野党や新興政党である改革党との
   5党連立を検討しているという。


5党連立ならば、
過半数の32議席以上となり
最も支持されている政治家ビルギッタさんが
首相となる可能性もあり!

あらためての選挙結果↓
連立の可能性がない右派政党の
独立党(Independence Party)と進歩党(Progressive Party)
を除いた5党の総議席数は34!

Iceland Election 2016 2


この選挙で与党になった議員たちが
既に採択されている新憲法を施行すれば、

鍋とフライパン革命で
市民が要求したことがすべて
成就されることになります!
スポンサーサイト

情報公開も説明もなく 日本を破壊しつづける自民党

2016.11.02 18:00|TPP
TPP Kuronuri

日本を破壊し続ける自民党。

原発、被ばく、基地、TPPなどなどを

真剣に考えて

すぐにでもやめないと

地獄に落とされるよ(涙)


女性にまかせよう

2016.11.10 22:19|雑記
不正に汚職に殺人・・・
恐ろしい話が山ほどあるヒラリー・クリントン。
こんな女性は論外ですが、


国とか会社とかは
女性が運営したほうが
良い結果がうまれ、
国民や社員が幸福になる


というのは間違いなさそうです。


Meltdown Iceland: How the Global Financial Crisis Bankrupted an Entire Country
by Roger Boynes 2009

という本に書かれていたのですが

・アイスランドでは、経済危機のときに無傷だった投資会社があった。
2人の女性が経営している女性投資家向けの会社だった。
「投資ルールは単純で、
理解できないものにはお金を出さないってこと」



・貧困女性向けに無担保で少額の資金を貸し出す
マイクロ・クレジットで知られるグラミン銀行の創設者
ムハマド・ユヌス(ノーベル平和賞受賞者)氏談。

「男に貸すと呑んだくれて返済しない。
女に貸すと注意深くまっとうに使って
返済もしてくれる」




・経営陣含め女性労働者の割合が高い企業ほど、
経済危機のときの株価下落率が少なかったことは
統計的事実。



・フランスのビジネススクールの調査でも、
女性経営者の会社のほうが
パフォーマンスがよい

ことが示された。




・生物学的にも男性は<ホルモンの影響で>リスキーなことに
手を出しやすく、リスクを取ること自体に依存的になりやすいことが
ケンブリッジ大学の研究からわかってきている。


以上Meltdown Icelandから抜粋翻訳でした。

原爆作って
原発作って
戦争して
環境破壊して
大量殺戮してるのって
男性たちだよね。



危険なこと大好き脳
後先考えない脳
に国や会社
まかせちゃダメだよね。


女性でもヒラリーみたいなのはダメだけど。

恥知らずにも程がある 安倍晋三

2016.11.12 21:31|恐ろしいもの
kodomo shokudo abe

増税しまくって

福祉けずりまくって

雇用不安定にして

海外にばらまきまくって

子供を貧困状態に追いやりながら

高級店で飲み食いしまくってる男が

庶民が自腹きってやってることを

まるで自分の手柄のように

・・・恥知らず。


自己責任論の展開方法

2016.11.14 20:59|恐ろしいもの
「自己責任論」が生まれ、
為政者によって利用されていく流れとは・・・!

   1.競争を当然のこととし

   2.競争での敗北を自己責任として受容させ
     (自らの貧困や不遇を納得させ)

   3.社会的な問題の責任をすべて個人に押しつけ
     (苦境に立たされた“お前が悪い”)

   4.しかもそうした押しつけには理由がある
     (不当なものではない)と人びとに思い込ませることによって

   5.抗議の意思と行動を封殺する
     (“だまらせる”)

   『「自己責任論」をのりこえる 連帯と「社会的責任」の哲学』



自己責任てものの前提には
働かなくちゃ生きていけないってことが
暗黙のうちに了解されてるかと思うのだけど

こんなに機械化が進んでるわけだから

働かなくても生きていける

世の中になってるんだよね



現代人が働かなくちゃいけないのは単に経済発展のため。

発展とはつまり拡大で、拡大の中身は金利の支払い。

そして金利のうまみを享受できるのは銀行だけ。


銀行のためにあくせく働かされるシステムなのだから、

実需がなければ
仕事にあぶれる人が
出てくるのは当たり前。


仕事にあぶれた人を養いたくないときに便利なのは

自己責任論



そもそも永遠に拡大し続けることを前提とする
経済システムなんて維持できるわけないのだから

経済のダウンサイジングとか永続性とか
家族が一緒に暮らせることを前提にした職の配分とか
考えたほうがよくなくない?

っていう切迫感を感じまくってる今日この頃。

たとえば、定職に就いていないパパが
子供と遊んだりゴロゴロしたり虫とりにいったりとかして
一日を過ごすほうが

人を不幸にする仕事をがんばってお給料もらうより
ずっとずっと良いことなんだよねっていう

発想の切り替えも必要なように思う。


タカタのエアバッグ搭載車一覧

2016.11.15 00:02|恐ろしいもの
タカタエアバッグ搭載車両一覧。

Takata Airbag



世界一 農薬つかっているのは 日本

2016.11.19 12:19|化学物質
Nouyaku Sekaiichi


私たちが

口に入れているのは

食べ物っていえる?


国政選挙から1ヶ月 まだ組閣できないアイスランド

2016.11.30 20:42|アイスランド
Iceland Election 2016 4
アイスランドモニター 2016年11月30日

2016年10月29日の国政選挙から1ヶ月経ちますが
票が割れたため、いまだ組閣できずにいる
アイスランド。

注目はやはり海賊党に集まっていますが
どのように連立を組むか、
誰が首相になるのか、
まだわかりません。

来年の予算会議に入らねばならないため
空白は困るらしいのですが・・・。

| 2016.11 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。