スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太平洋汚染 魚はどこを泳いでいるの?

2014.01.21 00:06|放射能基礎知識


何度見てもため息のでるシミュレーションです。
地球規模の大災害。
原発って地球上の全ての生き物へのテロでしかない。

311後の北半球に本当に安全な食べ物があるとは思えませんが、
だからこそ、できる限りリスクの高い食品を避けていくしか
ありません。

生物濃縮によって放射能が凝縮しやすい魚介類は特に危険なうえ、
太平洋全域が汚染された今、産地云々にこだわっても
無意味なように思えます。

例えばサンマの生息域。こんなに広い。

SanmaSeisokuiki.png


台湾産のサンマもあるにはありますが・・・
日本産・台湾産・ロシア産に差があるものでしょうか。

SanmaMizuage.png

   東北区水産研究所 八戸支所 資源生態研究室 の報告書から


話は変わって。

プチトマトの発芽率って100%近いのだとか。
モノは試しということで、年末にスーパーで買ってきた
プチトマトのタネを茶こしにとって、洗って、少し乾かして、
プランターに撒いてみました。

それから20日。
2014年のお正月に撒いたタネが芽を出して緑を茂らせ始めました。
発芽率、ホントに100%。

PetitTomato.png

緑っていいな~。

花が咲いて、実が成るといいな~

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。