スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数字のマジックに注意!

2013.10.16 23:16|放射能
胃のX線検査1回の被ばく量は600マイクロシーベルト(μSv)
一般人の年間被ばく許容量は1000マイクロシーベルト(μSv)
つまり、胃のレントゲン検査をした人は残り400マイクロシーベルト!

400μSv ÷ 365日 ÷ 24時間 = 0.045マイクロシーベルト

1年に1回バリウム飲んでレントゲン撮るという方も多いと思います。
すると、日本の現行法律では、1時間あたり0.045マイクロシーベルトの
被ばくが上限ということになります。

これを踏まえて読み直す、2011年3月の読売新聞記事。
endoukeigo.png


福島市は毎時0.002ミリシーベルト(mSv)だから心配ない?
0.002ってとても少ない印象受けますが、マイクロ換算すると
2マイクロシーベルト。

2μSv × 24時間 × 365日 = 17520μSv =17.52ミリシーベルト

現行法である年間1ミリシーベルトの17.52倍になります。
(2マイクロどころじゃない場所だらけの福島市。涙。)

しかも、シーベルトは空間線量です。
牛乳など体内に入れるものはベクレルで考えなければならないのに、
この方は内部被ばくをシーベルト表示されている。

マイクロ表示すべきところをミリ表示して数字を小さく見せ、
ベクレル表示すべき牛乳を空間線量ミリシーベルトで示し、
さらには医療被ばくと生活被ばくを混同させている。

悪質としかいいようがありませんが、
放射線学会の副理事長にして京都医療科学大学長のオコトバですから、
誰だって「心配しなくていいんだな」って思いますよね~。

そして2013年8月。福島県内では甲状腺ガンの子供が
18人見つかっています。
原発事故との因果関係はわからないそうです。

病気になって、苦しい思いをして、切り捨てられる
子供たちが目の前にいる。
自分で調べていかなければ命を落とす時代です。
認めたくないけど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。