スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスランド無血革命: くじ引きで選ばれた人のほうが政治家より良い仕事をする

2014.02.04 00:02|アイスランド
2008年 アイスランド 経済危機
2012年 一般市民による無血革命:通称 鍋とフライパン革命



鍋とフライパン革命 書き起こし&和訳 23:25-26:28


30★ALDA, the association for democracy, was born out of frustration.
there were group of people myself included, for frustrated with
the new government was took over after the crisis 2008
were making any changes to the system.

They were following IMF, you could say they were re-adjusting,
and re-constructing, and re-establishing the same system
that was before.

A lot of people hoped that they would change the system
both economically and politically and allow for more
democratic participation and direct democracy.
But we were not seeing any changes.

So global people came together and started the association
to find ideas or how we can make our society more democratic
not ideologically but in practice.
We needed to find real examples out in the world which have been
tried and tested.

One of the clear demands for Pots and Pans Revolution 2009 was
that there should be a Constituent Assembly.

One of the first thing that we did in ALDA
we created the group that could make special proposals for
the Constituent Assembly, Constitution Council.

One of the example for that we thought that
a part of the elected representatives in the Parliament
should be selected randomly from the general public.

and invested only an experiment in British Columbia in Canada.
When they selected 160 people randomly from general public
to create a all new election law.

Randomly selected representatives are more likely to
lock to the general public for greater good.
They are not as likely to be trying to look for special interest
for what for other groups and corporations.
Simply a part of general public.

I think people are very much aware of that there are something is
definitely wrong about economic systems and political systems.

The problem is, and what we will need to do, to change the situation
get people more integrated in to do with the discussions of
society issues, is that
we need to create decision-making process,
we need to create forums,
we need to create channels to people to get their ideas
into the system.

みんなの不満が高じて、民主主義のための団体「ALDA」が
作られたんだ。

2008年の経済危機のときの新政権が、システムを変えていかない
ことにものすごく失望した人たちがいてね、僕も含めてね。

新政権はIMF(国際通貨基金)の言うことに従って
「再調整」し、「再構築」し、そして以前と全く同じシステムを
「再制定」したにすぎなかったからね。

それは多くの国民が、新政権が経済的・政治的改革をしてくれる
だろう、もっと民意が反映されるようになるだろうと
期待してたんだけど、何一つ変わらなかった。

どうすれば僕たちの社会をもっと民主的にできるのか、
観念的なものに留まらない、実践的な民主主義の方法を
見つけ出そうよってことになって、国際的な視野を
持った人たちが集結して立ち上げたのがALDA。

僕たちには、この実社会で試されたことがある
実例が必要だった。

憲法制定会議を設けるというのは、2009年の「鍋とフライパン革命」
要求項目の1つだったから、
ALDAはまず、憲法制定会議あるいは評議会に提案できる
グループの立ち上げに取り組んでいったんだよ。

例えば、選挙で選ばれた議員の中に、一般市民の中から
無作為に抽出した人たちを加えるというのはALDAの
アイデアなんだ。

カナダのブリティッシュ・コロンビア州の「試み」を
導入してみようっていう「試み」さ。
かの州では、一般市民からランダムに抽出した160名が
新しい選挙法を策定していったそうなんだよ。

無作為に選ばれた代表者のほうが、大義と一般市民に
忠実だという傾向があるんだよね。
特定のグループや企業の利権のために働くような
ことが少ないってこと。
単純に、一般市民なわけだから。

既存の経済システムや政治システムがどこかしら破綻してる
っていう認識は、一般にもかなり浸透してきたと思うよ。

次にやらなくちゃならないのは、フツーの人たちが
社会問題を論ずる場に参加できるような環境作りを
していくことじゃないかな。

意思決定過程を可視化させるとか、

公開討論の場を作るとか、

フツーの人たちの考えをシステムに反映させられる
ような双方向的なシステムを作るとか。


Kristinn Mar Arsalsson
The Democracy Group ALDA

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。