スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもへの放射能教育 1

2014.02.11 20:36|放射能
■どんどん洗脳強化されていく学校の先生

寒緋桜が満開となった2月9日日曜日。
おむすび市にて、
沖縄県民間教育研究所の長堂先生と黒潮先生に
教育現場の実情についてお話いただきました。

絶望的なお話ばかりではありましたが、
ママたちには希望を作っていく力があることも
教えていただきました。

■教師:教科書に沿って教える義務がある

当然といえば当然ですが、学校の先生は
指導要領に従って、教科書に書いてあるとおりに
教えなければなりません。

これを守らない教師は処罰の対象となります。

2011年秋に小中学校に配布された「放射能副読本」
放射能は無害としか思えなくなるような
説明がなされています。

現職の先生方も、学生時代に放射能が危険という教育を
受けたことはありません。

「放射能副読本」を読まれた先生方はみな、
放射能は無害と思われることでしょう。
そうなれば、もちろん子どもも。

今、全国の先生方が「交流」「視察」という名目で
福島入りされています。

1ベクレルの危険性を理解されていない先生方が
100ベクレルのお米を安全だと言われ、
それを信じて帰ってくるのです。

(そもそも危険性を理解していたら福島入りできません)

ここ沖縄の先生方も子どもの被ばくを増やす方向へ
シフトしつつあります。

ちなみに沖縄県副知事は、中高生の修学旅行先を福島県に
するよう県内の学校に働きかけるつもり
だとか。
  <福島民報 2014年1月21日>

絶望的です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。