スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南相馬市 除染「後」の空間線量

2014.02.15 00:02|放射能
南相馬市の市会議員 大山弘一氏。

南相馬に人を住まわせることの危険性を
訴えておられる方です。

この方の発信で桁はずれの高線量物質「黒い藻」
が全国に知られることになりました。

大山氏が除染「後」の線量をはかった映像を
いくつか見つけましたのでご紹介します。

信頼できる「リアルタイム情報」です。


除染後の我が家①22万ベクレル



除染後の瓦屋根:7700Bq/m2



除染後の特定避難勧奨地点


家の中で1時間あたり0.5マイクロシーベルト・・・

0.5μSV × 24時間 × 365日 = 4380μSV =4.38ミリシーベルト


日本の法律では、年間の(人工)放射線被ばく許容量は1ミリシーベルト。

家の中にいるだけで軽く4倍は超えてしまう。

避難以外に選択肢なんてない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。