スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスランド無血革命: 主権在民を実現する手法

2014.03.31 00:12|アイスランド
2008年 アイスランド 経済危機
2012年 一般市民による無血革命:通称 鍋とフライパン革命



鍋とフライパン革命 書き起こし&和訳 36:18-37:00


35★新しい憲法に提案したのは、
国会を通った法律に対して、有権者の10%がノーと言えば、
国民投票にかけるという法律なの。
誰しもがそうなることを望んでいたわ。

次に、有権者の2%の同意があれば、国会に議案を
提出することができるの。
例えばあなたが動物の権利について審議して欲しければ、
有権者の2%の同意があれば、国会ではそれを審議しなければ
ならないの。

主権在民/国民主権なわけだから、私たちは権力を
市民の手に戻そうと努力しているのよ。


35★Here we put forward in the new constitution,
it is the 10% of the people can say "no" to any law
from the Parliament, 10% of the voters.
And then, it has to going to national referendums
Eeryone get a want about it.

And secondary, alternately,
2% of the people can present the certain issue in the Parliament.
So if you can get 2% of the voters,
to say if you want to talk about the animal rights,
the Parliament will have to take that matters.

So we are really trying to put the power back into the
hands of the people where it belongs.


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。