スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然放射性物質 vs 人工放射性物質

2013.10.22 23:57|放射能基礎知識
危険を安全と教える教育。
suisen.png


自然の放射性物質 : 体内に蓄積しない
人工  〃    : 体内に蓄積する

生物が現れる以前から、地球上には放射性物質が存在します。
カリウム40やラドンはその代表的なものです。

どんな生物も代謝によってカリウム濃度を
ほぼ一定に保つ機能を持っているため、
カリウム40が体内に蓄積することはありません。

希ガスであるラドンも、体内に取り込まれたり
濃縮されることはありません。

これに対し、ヨウ素、ストロンチウム、セシウムなど
人間が作り出した人工の放射性物質は
体内に蓄積されていきます。

哺乳動物はヨウ素を甲状腺に集めて成長ホルモンを作ります。
ところが、甲状腺は天然のヨウ素と人工の放射性ヨウ素を
区別することができません。
体内に取り入れられた放射性ヨウ素はどんどん濃縮し
被ばくが進んでしまいます。

ストロンチウムは組成の似たカルシウムとして
骨などに蓄積されていき、骨髄などの組織に集中的な
被ばくをもたらします。

2年前に配布された「小学生のための放射線副読本」では
「自然」と「人工」の放射性物質の違いには触れられて
いませんでした。


新聞やテレビの報道でも、「人工」と「自然」の放射能の
違いにまで言及されることはありません。

だからこそ、両者の違いをしっかり押さえておかなければ。

環境学―遺伝子破壊から地球規模の環境破壊まで環境学―遺伝子破壊から地球規模の環境破壊まで
(1999/04)
市川 定夫

商品詳細を見る


今日のブログは市川先生の本からまとめさせていただきました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。