スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波がきた 生存者14歳少年の証言

2014.04.12 13:18|放射能
東日本大震災の大津波で全校児童108人のうち74人の
児童が死亡・行方不明となった、宮城県石巻市立大川小学校。

この大惨事から奇跡的に生還した男の子が、
自らの体験を伝え続けようとしています。

「人生を変えるくらいのこんな思いを、おいは、
これからの人にはさせたくない」

という思いのもとに。

生存者14歳少年が証言する3・11大川小の過ち
女性自身 3月15日(土)0時0分配信


 <以下抜粋です>

   河北総合支所の職員の「松原を津波が越えてきました」
   という声を聞いて、教師たちは山ではなく、河川堤防近くの
   「三角地帯」へと子供らを誘導し始めた。

   「おい(俺)は、てっきり山に行くと思っていたけど、
   もう進んでいたので『まっ、いいか』って。

   公民館の前あたりに来たとき教頭先生が戻ってきて、
   『津波が来たので、早く移動してください』と言われて、
   小走りで山沿いの道を、民家の間を抜けて県道へ出ようとした。

   そのとき、波がこぼれてくるのが見えて。
   家が爆発したと思って、砂煙がパーッと上って、
   なんだかわかんないけど、『逃げなきゃ』と思って、
   逆戻りしていた」

   後ろのみんなは『なんで、戻ってきたんだよ』という感じで
   見ていたけど、ジェット機の爆音のような音のせいで、
   口をパクパクしているのしかわからず、でも、おいは上っていって」

   「指を土に突っこんで山を上っていった。
   ベチャベチャな雪の斜面で、登れない人もいた。
   3~4メートル登って後ろを振り向いたとき、
   まだ波がそんなに来ていなかったから、
   『逃げれる』って思ってもう1回前向いたとき、
   いきなり後ろから押し倒されるように津波にのまれて、
   気絶した――」

   哲也くんは土に半分ほど埋まっていたところを奇跡的に助けだされた。


「地震来たら、山さ逃げろよ」とおじいちゃんに教えられていた
哲也くんは、津波が遠くに見えた瞬間に山へ向かって走り出す
ことができました。


危険な方へと向かう教師。

逆走する哲也くんを不思議そうに見つめる仲間


全校児童108人のうち74人の児童が死亡・行方不明となった
大川小学校の悲劇は、
大津波が襲いかかろうとしている瞬間に、
教師たちがその危険性を理解していなかったために起こりました。

悲劇の本質は「理解が足りなかったこと」


東日本大震災では、地震と津波に続いて原発が爆発。

地球規模の放射能災害が継続中です。

「目に見えず、匂いもしない」放射能がもたらす被害について
私たち一人一人が理解を深めていく努力をしなければ、
大切な子供を、家族を、仲間を、失い続けることに
なるでしょう。

大川小学校の避難誘導が不適切だったためにお子さんを
失ってしまわれたご遺族は現在、石巻市と宮城県を相手取って
損害賠償訴訟に踏み切ることを決断されています。

地震発生から津波到着まで51分間しかなかった大川小学校で、
亡くなった先生方を責めるのは酷かとも思います。

けれど、放射能について勉強するには十分な時間も資料もあるのに、
学ぼうとしない保護者や先生方がおられるとするならば、
それは適切といえるでしょうか。

放射能には、適切に対応しなければ命を失ってしまいます。

虫歯のレントゲン写真を撮るときに着用する
重い鉛のエプロンは、
危険な放射能に「適切に対応する」ため。


何が「適切」なのか、本気で考えていかなくては。


チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害: 科学的データは何を示しているチェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害: 科学的データは何を示している
(2012/03/30)
IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部

商品詳細を見る


チェルノブイリの長い影―現場のデータが語るチェルノブイリ原発事故の健康影響 (サス研ブックス)チェルノブイリの長い影―現場のデータが語るチェルノブイリ原発事故の健康影響 (サス研ブックス)
(2013/03/30)
オリハ・V・ホリッシナ、Olha Vasilivna Horishna 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。