スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスランド無血革命 悲惨を招いた原因や背景に注目

2014.05.19 00:02|アイスランド
2008年 アイスランド 経済危機
2012年 一般市民による無血革命:通称 鍋とフライパン革命



鍋とフライパン革命 書き起こし&和訳 38:07-39:49

36★解決するのが一番難しかった仕事は天然資源と
その所有権だったね。

25年前とか、30年前とか、アイスランド海域では
漁師とか漁業権を持ってる人って少なくて、
そんな中で漁業権の転売が繰り返されたんだ。

漁業権を手に入れた人が、費用を惜しんで国に
届け出なかったりしたもんだから。

今は気づき始めている人も多くなってきたけど、
天然資源を私的に使用する権利しかない場合には
いつかは採りつくされてしまう。
二度と復活はしないだろうね。

不正や金銭問題、どうしてこんなことになったのか
っていうところに、もっと注目して取り組んでいかないとね。

自由が欲しいなら、それに伴う責任も引き受けなきゃ。
アイスランドには、責任の伴わない自由がはびこっていてね。

お金を稼いで、それを溜め込んでおきながら、
お金がなくなると払うべきだった税金逃れを始める。

ボクたちは、それはダメ、そんなの受け入れられないって
言うことにしたんだよ。


The most difficult task to get one solution,
it was resources and the owner rights.

For about 30 years ago, 25 years ago,
The fisheries, the rights of fishing around Iceland
excaping was only a few,
This has been sold, and sold again,

They who bought it, they do not want cost,
they do not want head to the State.

Most people seemed better and better that
if there is a just right all of the resources be
in private use only, we will lose them.
And we will never see them again.

If they do not focus so much on collapse, or money problem itself,
If they do not focus more on why it is actual,

If you want freedom, you have to take responsibility with it.
For in Iceland, there are freedom without responsibility.

If you earn money, you put it in your own pocket,
But if you lost money, you said
I am sorry I can not pay money, the tax I have to pay.

And I think that, it was decided to say NO,
NO THANK YOU FOR THIS.

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。