スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスランド無血革命  新憲法制定までの道のり

2014.05.20 00:02|アイスランド
2008年 アイスランド 経済危機
2012年 一般市民による無血革命:通称 鍋とフライパン革命



鍋とフライパン革命 書き起こし&和訳 39:49-40:47

37★3つの可能性があると思うんだ。

1つ目は国民自身が提案する中から新しい憲法が
選ばれていくこと。
これはまあ、可能性としては低いかな。

2つ目は、国会も新しい憲法を作成して、
国民作成の憲法とどちらがいいか国民投票に
かけられること。
これは実現させなきゃ、だね。

3つ目は、何の変化もないこと。

実際、アイスランドの国会議員の多くは新憲法を
自分たちの退職勧告だと見立てているんだ。
だから、何かにつけて反対する。

国会が新憲法制定に反対するのなら、
政党として反対表明をしてもらわないとね。


I think there are 3 possibilities now.

One is that new Constitution will be vote.
People will vote them.
I think that is absolutely lucky.

Number two is Parliament
They will make their own constitution and
and then both of them will go to referendum.
Make that will happen.

And the third option is nothing helps us.

In fact, many many senators in Iceland
"Let's see this new constitution as the resignation paper."
and that is why, they are always against it.

If the Parliament is against the things,
they have to do it, just to make
their own political parties to do this.

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。