スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリーナの林檎 識名児童館上映会

2014.06.28 12:30|映画
梅雨が明けるとともに過激に蒸し暑くなった沖縄
6月28日(土)識名児童館でカリーナ上映会
KalinaPosterShikina.png

小学生から中学生、そして大人の方も数名。
自宅の居間で映画を楽しむような感じの
和やかな上映会となりました。

ShikinaJoueikai.png

上映前、子どもたちに聞いたこと。

■沖縄戦があったことを知っている人?

⇒ ほぼ全員


■3年前に地震があったことを知っている人?

⇒ 半数くらい


■地震のときに原子力発電所が壊れて爆発したことを
知っている人?

⇒ 自信なさそうに数人


■原子力発電所が壊れるとどうなるか知っている人?

⇒ 電気が作れなくなって、冷蔵庫が使えなくなる。

  (そうそう、正しいよ。よく知っているね~)

■では、28年前にチェルノブイリというところで
原子力発電所が壊れたことを知っている人?

⇒ 聞いたことはある、と中学生くん。

■原子力発電所が壊れると、「放射性物質」がまきちらされてしまいますが、
それがどういうものか知っている人?

⇒ 中学生くん。「よく知らない。わからない。」

この映画は、ママが病気になって、家族がバラバラになって、
寂しい思いをしているカリーナっていう女の子が、
少しずつ大変な現実を受け入れていって、そして強くなろうとする、
成長の物語です。

さて、ママやカリーナが病気になったのは、チェルノブイリの原発事故で
「見えない爆弾」がばらまかれたからです。

沖縄戦ではたくさんの爆弾が落ちてきて、たくさんの人が死にました。
怖いね、戦争ってイヤだよね。

ところが爆弾にはあたっても痛くない、だけど体が壊されていく
「見えない爆弾」というのがあります。

カリーナの物語は「見えない爆弾」のお話でもあります。

実は、3年前に地震があったときから、
「見えない爆弾」は日本中に撒き散らされています。
見えないから分りにくいんだけどね。

だけど、とっても危ないものだから、知らなくちゃならない。
みんなの命や将来にも関わってくることだからね。

カリーナの映画を見たら、「見えない爆弾」といわれる
「放射性物質」がどんなものなのかもぜひ調べてみてください。

では、映画を上映しま~す。


ShikinaJoueikaiSweet.png

上映後には、波照間島の黒糖と、タンナファクルーという沖縄の伝統菓子が
ふるまわれました。
識名児童館の 粋なお取り計らいです。

黒糖を包んでいるのは サンニン(月桃)の葉。
独特の香りに癒されます♪

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。