スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空間線量が2倍になるということ

2013.11.01 21:34|放射能基礎知識
311前、東日本の空間線量は 0.03~0.04(μsv)くらいでした。


SAKURAKO - Kindergarten Sports Festival. / MIKI Yoshihito (´・ω・)


市民グループ「オリンピック候補会場の放射線を測る会」に
よると、開催候補地の空間線量は今、0.05~0.28(μsv)くらい。


ざっくりと、2~7倍です。
ただし危険は2~7倍ではなく、100~1000倍。

空間線量を増やしているのは「人工」の「放射性粒子」です。
空気中に漂っているホコリのようなもの。

つまり311以降に増えた空間線量が意味するのは
「放射性物質を吸い込む」
リスクが増えたということです。

     人間は環境化学物質の83%を空気(肺)から取り込み
     食品からは7%、飲料からは8%に過ぎない。

     私たちが一日に呼吸する空気は約20キロ。
     食べ物や水の摂取量のおよそ10倍。

       村上周三・東京大学名誉教授
       「住まいと人体、工学的視点から」
       (臨床環境医学 第9巻第2号pp.49-62)

私たちが一日に呼吸する空気は約20キロ。
食べ物や水の摂取量のおよそ10倍。

つまり呼吸をするだけで内部被ばくが進んでいくということ。
そして内部被ばくの危険は外部被ばくの100~1000倍だと
いわれます。

運動会やってていいんでしょうか。
(涙目)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。