スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスランド無血革命 中央銀行>政府

2014.07.26 16:31|アイスランド
2008年 アイスランド 経済危機
2012年 一般市民による無血革命:通称 鍋とフライパン革命



鍋とフライパン革命 書き起こし&和訳 43:10~46:45


41★現代社会においては、貨幣を発行し流通させることが
最大の権力なんだ。

だからボクたちはちゃんと考えなきゃならない。

通貨を発行している人間は誰なのか、

本質的にどういう存在なのか、

通貨を発行していることの他に、

どのように流通させ、

どのように分配しているのか、

誰に貸し付け、その金利はどうなっているのか。

このとてつもない権力を、銀行家の手中から
政府へと移譲していきたい、
そう思っている。

貨幣のすべてが利息支払いのために
新規発行されればどうなるか知ってるかい?
インフレが起きるのさ。
つまりマネーサプライのインフレなんだ。
アイスランドではマネーサプライのインフレ率は2%。

貨幣の発行も流通も、政府が中央銀行を通して行っている
わけだけど、
マネーサプライの大部分は、銀行が貸し付けたときに発生する、
つまりは「無」から創られるものなんだ。

最優先されなければならないのは、
投資銀行と商業銀行を分けること。

普通の人が銀行に預けるお金って言うのは、
何かあったときに食べ物や必需品を買うための
少額の預金だよね。

その一方で、金融取引から莫大な富を得ている
ウルトラリッチな人もいる。

そういうウルトラリッチの預金を、普通の人たちの預金によって
守らなくてはならない理由ってある?ないよね?

それに、新しい銀行制度のために行われる借り換えは
アイスランド政府に巨額の対外債務を負わせることになるから、

その負債は税金から支払われることになって、
最終的にはボクたちみんな、おそらくはボクらの子供たちも、
さらには孫の時代になってもまだ借金の支払いに追われることに
なっちゃうのさ。

いったいいつになったら借金返済が終わのるかなんて
ボクらにはまったく検討もつかないんだ。

   Gudmundur Asgeirsson
   Icelandic Financial Reform Initiative
   Founded in July 2009


There is no power stronger in modern society
than the power to create and issue money.

Then we must consider
who it is, which entities
are creating the money, and not only creating the money,
but issuing the money and allocating the money,
deciding who gets a loan and at which interests rates.

What we will like to see is that, we will like for this
tremendous power to be taken out of the hands of the bankers
to be brought back into the hands of the government.

What happens when all this new money gets created
to cover the interest payments,

this is actually what we call inflation.
It is the inflation of the money supply.
The basic fact it, in Iceland only 2% of the money supply
is actually created and issued by the Central Bank,
which is runned by the government.

The remaining part and the largest part of the money supply
is bank credit,
which is created when a bank issues a loan.

Credit is created in the system,
basically out of thin air.

The top priority is the separation
of investment banking and commercial banking.

It's one thing when you have small deposits
which are ordinary people's savings that they may need to
access to buy food and other necessities in hard times.

But another thing is when you have certain, extremely wealthy
individuals
many of them who have become wealthy from financial
operations themselves.

Why should these deposits be covered in full at the expense of
others that perhaps are not as well off.

Another thing is that in order to provide this refinancing
for the new banking system, the Icelandic government
had no other option than to take on huge external debts.

These debts can only be paid from taxes,
from future taxes that will be eventually paid by myself and others
like me and perhaps by my children and even by their children.

We really don't know today how long into the future it will
take to repay all those debts.
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。