あいときぼうのまち脚本家 井上淳一さん

2014.09.21 00:13|なりわい訴訟
あいときぼうのまち 脚本家 井上淳一さんが
なりわい訴訟について語られたこと。

なりわい訴訟のFaceBookにてシェアされていたのでご紹介します。

********************************

国はウソをつきます。
戦時中は「戦争に絶対に勝つ」と言い、
原発を作る時は「絶対に安全だ」と言う。

昨日傍聴した『生業を返せ、地域を返せ!』福島原発訴訟に
ある大きさを感じるのは、
裁判のその先にそういう「国」というものを撃つという志が
見えるからかもしれません。

『生業を返せ、地域を返せ!』裁判には大きな柱が三つあります。

一つ目は「原状回復」。

しかし、これは「2011年3月10日に戻せ」という意味ではありません。
3月10日には原発事故は起きていません。
しかし、事故の原因となった原発は存在しています。

ですから、ここで言う「原状回復」は
「放射能もない、原発もない地域を創ろう!」
という意味なのです。

この一つをとっても、この裁判がいかに広い射程を
持っているかが分かろうというものです。

二つ目は「全体救済」。

原告団はいま4000名に達しようとしています。
福島の歴史始まって以来の大規模訴訟です。
その4000名の原告は「自分たちだけを救済してくれ」と
言っているわけではありません。

全体救済、「あらゆる被害者の被害を救済せよ」と
言っているのです。

彼らは、いろんな事情から原告になれなかった人たちのためにも、
自分たちは決意したという人たちなのです。

三つ目は「脱原発」。

国策として原発は進められ、安全神話が振りまかれ、
東京電力という巨大企業が経済活動として原発を運転してきた
ことによって引き起こされた事故であり被害、
これを原告団・弁護団は「公害」だと位置づけています。

経済の発展のために人々の命や健康を犠牲にしてきた姿は、
水俣やイタイイタイ病、四日市で、「いつか見た光景」なのです。
彼らは
その構造自体を変えよう
としているのです。

被告は、国と東京電力。昨日の裁判の感想を一言で言うなら、
国と東京電力のあまりの他人事のような態度に驚いたいう以外にありません。

先日、福島で焼身自殺した主婦の裁判の最終弁論で、
東京電力が「個体の問題」だと言ったと聞いて、
僕は体が震えるくらい腹が立ちましたが、

ああ、そういう発言はこういうメンタリティから出てくるんだと、
昨日の東京電力の大弁護団を見ていて、そう思いました。

これまで何度も書いてきましたが、
『あいときぼうのまち』では劇中、東電という実名を出しました。
宣伝コピーでも「東電に翻弄された」と堂々と謳いました。

これによって、大手メディアからは全く無視され、
観客動員は惨憺たるものでした。
身内からも「政治的過ぎる」という批判の声が聞こえてきたりもしました。

しかし、昨日の東京電力の弁護団の佇まいを見て、
発言を聞き、陳述書を読み、
東電という実名を出したことは間違いではなかったと、
つくづく思いました。

福島まで裁判の傍聴に行くというのはなかなか
出来ることではありません。
ですが、Facebookで裁判の過程を知ることは出来ますし、
本も出ています。

当たり前の話ですが、
いまもなお、
原発事故による被害は続いています。


そのことだけでも忘れずにいていただけたらと切に願っています。

********************************

なりわい訴訟の本質が見事にまとめられた名文です。

東電に批判的な『あいときぼうのまち』は今、苦戦してはいるものの
少しずつ上映館が増えていっているようです。

あいときぼうのまち 公式サイト

あいときぼうのまち Facebook



私たちは皆、当事者。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あいときぼうのまち脚本家 井上淳一さん

あいときぼうのまち 脚本家 井上淳一さんがなりわい訴訟について語られたこと。なりわい訴訟のFaceBookにてシェアされていたのでご紹介します。********************************国はウソをつきます。戦時中は「戦争に絶対に勝つ」と言い、原発を作る時は「絶対に安全だ」と言う。昨日傍聴した『生業を返せ、地域を返せ!』福島原発訴訟にある大きさを感じるのは、裁判のその先に...
| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ