この恐ろしい流れを変えていくために

2013.11.07 23:58|なりわい訴訟
放射能災害の怖いところは見た目が変わらないところ。

だから、ほとんどの人がだまされる。
だけど、だまされていない人もいる。

だまされていない人たち。
賢い人たち。

その人たちの力をあわせていくことが、
この恐ろしい流れを変えていける
最も効果的な方法だと考えます。

ここに、1800人の仲間がいます。
信頼できる弁護団がいます。

原告として、あるいは支援者として、
力をあわせてはもらえませんか?

弁護団事務局長の馬奈木弁護士が来沖しての報告会。
話をきけて情報交換できる貴重な機会です。

■ なりわい訴訟 説明会&報告会 ■

①2013年11月16日(土)
   時間:午後1時~(3時間程度)
   場所:那覇市民会館

②2013年11月17日(日)
   時間:午後1時~(3時間程度)
   場所:今帰仁村中央公民館

あちら側は政治・官僚・行政・産業・学会・マスコミを
ネットワーク化して絶大な力を有しています。

そして彼らは被害者救済など考えていません。
考えていたらオリンピックなんかできるはずないし、
子どもに100ベクレルのものを食べさせようなんて
思うはずがない。

私たちの命や暮らしを守っていくためには、
私たち自身が声をあげるしかありません。

だから、集団訴訟。

まずは福島県と隣接県の人たちが救われていかなければ
その他の地域の被害者が救われることはありません。

だから、「なりわい訴訟」

赤ちゃんの頃から成長を見守ってきた子どもたちの
顔を思い出すといたたまれなくなります。

何もできなくてごめんなさい。

だから、声をあげている人たちを応援したい。
そして福島の子どもたちが救済されてほしい。

それがかなわないのなら、
あの子たちが救われることはないのだから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ