スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なりわい訴訟報告会@今帰仁&那覇

2015.04.04 00:02|なりわい訴訟
原発のない未来を求めている訴訟があります。

国と東電に、福島第一原発がメルトダウンしたことの
責任を問うている訴訟です。

「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟 
略して<なりわい訴訟>です。

***

過去において、原発の危険性を訴えた訴訟がいくつかありました。
残念ながら、負けました。
そして、危険性の訴えが退けられるたびに、
原発建設が加速していきました。

地震国ニッポンに原発が50基以上あるという現実は、
過去の判例によって生じ、支えられているともいえるわけです。

このままではいずれまた日本のどこかで原発事故がおきるでしょう。
そうなれば、住める場所も食べ物を作る場所もすべて失われてしまいます。

あきれ果てる現実ですが、この現実を変えうる力があるのは、
現状では訴訟だけ。

<なりわい訴訟>の行方に日本人全員の未来がかかっていると
いっても過言ではありません。

***

裁判所も原子力ムラに取り込まれているから、
戦ってもムダだという向きもありますが、
今、この裁判を闘っている原告と弁護士先生は違う考えです。

裁判を勝つために必要なのは世論。
世論が味方についてくれれば勝てると。

世論。

つまり、この裁判について一人でも多くの人たちに
知ってもらい、その意義や意味を理解してもらうこと。

多くの人が、原告の主張が正しいと思ってくれることが
追い風になって勝てるのだと。

***

今、なりわい訴訟の原告は、福島県を中心に4000人近くとなり
(この中には地元の市議会議員さんなども多くいらっしゃるそうです) 

弁護団には約100名の弁護士先生たちが、
例えば放射能汚染の広がりとか、
被害の実態とか、
電源喪失の責任とか、
それぞれ班を作って情報収集されたり、
戦い方を話し合ったりされています。

現在、裁判は原告有利に進んでいます。
希望のもてる展開にはなっているのですが、
それでも、勝つためには、
もっと多くの人にこの裁判について知ってもらい、
応援してもらうことが必要です。

応援は、まだまだ足りていません。

どうか<なりわい訴訟>について知ってください。

今週末、沖縄に弁護士先生が裁判の経過報告に
来てくださいます。


【今帰仁】 日時  2015年4月4日(土) 15:00~
       場所  今帰仁中央公民館

【那 覇】  日時  2015年4月5日(日) 13:30~
       場所  奥武山公園沖縄県立武道館
             2階修養室


どなたでもお話を聞くことができます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。