スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難するか被ばくするか

2015.04.09 00:59|放射能
1504 Amachan

よほど裕福で不労所得のある人とか
就職口に困らない専門職の人でもないかぎり
避難移住は大変です。

所得は数分の一になり、
生活はダウングレードし、
夫婦仲が険悪になったり、
不登校になるお子さんがいたり、
多かれ少なかれ、そういう不利益や苦労はつきもの。

避難に伴う不利益や苦労は
被ばくによる不利益や苦労よりも先立って起こるし
目に見える。

だけど避難することで
新しい世界がひらけたり
ダウングレードした生活も意外に楽しかったり
価値観が同じ人と知り合う機会が増えたり
面白かったりもする。

避難によって被った不利益は少しずつ
取り戻せていけるけど
被ばくによって被った不利益は
取り戻しようがない。

例えば数十年かけて排卵される人間の卵子は
胎児のときに作られたものだそうです。
排卵のときに新しく作られるわけではありません。

放射線によってズタズタにされてしまったら
絶対に取り返しがつきません。

妊娠適齢期はせいぜい20年くらい。
12ヶ月×20年=240個
1人の女性が出産できるベースはたった
240個の卵子。

1ベクレルは1秒に1回放射線を出す単位なので
体内に10ベクレルたまっていれば
10ベクレル × 60秒 × 60分 × 24時間 で、
1日に864,000回の攻撃を受けます。

1年では × 365日で 315,360,000 回 となり
およそ 3億回の攻撃を受けることになります。

240個の卵子が無事でいられる確率は
どのくらいのものなんでしょうか。

食べて応援の本質は民族大虐殺。
給食はターゲットにされやすい。
無関心でいると危ない。

・・・と学校の先生に訴えても
「お母さんの心配はわかりますが、大丈夫ですよ~(笑顔)」
となることの虚無感。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。