スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらためてSPEEDI画像を見てみると

2013.11.17 00:07|放射能基礎知識
東日本一帯を容赦なく汚染したヨウ素
youso131.png

ヨウ素131。広い範囲で1㎡ あたり 
~100万ベクレルとか ~1000万ベクレルとか。
なんて恐ろしい。

ヨウ素は半減期が短い。それはつまり、
短期間に猛烈な放射線を発するということ。

そしてプルームの浮遊から1ヶ月も過ぎれば検出量も減り、
「今」となっては
ヨウ素の汚染を確認することはできません。

それに加えて、現在目にするのはセシウムだけに
特化したような汚染マップや調査報告だけ。

他にも多数の核種が環境中に浮遊・沈着しているはずなのに、
そういった物質の名前も危険性も周知されません。

以前ご紹介した、放射性物質の濃縮係数の表。
ストロンチウム、鉄、亜鉛、マンガン、ニオブ、リン。

セシウムあるところには他の核種も存在します。
そうでなければ、こんな係数表が作られるはずがない。

あまり注目されないけれど、亜鉛やリンといった核種も
フクイチから放出されているのではないでしょうか。

セシウムだけの沈着マップを全てとするのは
危険です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。