スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃やすってことがこんなに危険だったとは

2015.05.03 00:02|恐ろしいもの
日本ではゴミは燃やすことが当たり前。
かさを減らして捨てやすくするためらしいです。

学研サイエンスキッズによると

一般ゴミの焼却率は約80%

焼却場の数は約1700基

焼却炉の3分の2が日本に集中。



ごみ焼却の危険性を訴える山本節子さんによると
モノは燃やすと化学変化を起こして有害物質となるうえに
微小化するため
人体に取り込まれやすくなるのだそう。


shoukyakuro.png


放射性物質を燃やすのは激ヤバだと知っていたけれど

普通のゴミを燃やすのさえもこんなに危険だったとは(冷汗)

世界中の焼却炉の3分の2が集中している日本。

社会見学の一環として、どこの小学校も
クリーンセンターと呼ばれるゴミ焼却場見学を
取り入れてます。

こわ。


ごみを燃やす社会―ごみ焼却はなぜ危険かごみを燃やす社会―ごみ焼却はなぜ危険か
(2004/07)
山本 節子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。