スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一の悪魔企業 モンサント社

2013.11.22 00:01|TPP



もとはといえば、ベトナム戦争で使われた枯葉剤を
製造していた会社、モンサント。
今は遺伝子組み換え作物市場の90%を占める世界的大企業。

遺伝子組み換え作物の問題点。

1. ガンを誘発する

2. 種子ができない

3. 除草剤とセット


種子が自殺するように設計されているため、在来種と交配した
場合には、その在来種も種を残せなくなります。
モンサントの自殺種は風にのって在来種を駆逐しつつあります。
今この瞬間も。

セットで販売される除草剤は毒性が高く、
土にも水にも毒がたまっていきます。
畑近くに住む人たちの健康被害も多数報告されています。

また、種子ができないので、農家はモンサント社から高額な種子を
買い続けなければなりません。

農家の多くは半ばだまされてモンサント社の種子を<借金で>購入。
作物が順調に育っても高額な種子を買い続けなければ
ならないので生活は豊かにはなりませんでした。

さらには、水害や干ばつなどで不作となった場合には
借金が返せなくなり、自殺する農家が急増。
インドでは30分に1人、モンサント社から種子を買った農民が
自殺しているそうです。


在来種の作物までをも自殺種子で殺し、
毒性の高い除草剤で土や水を汚染し、
農家を借金漬けにして自殺に追い込み、
畑近くの住民や消費者を少しずつ病気にしていくのが

モンサント社の遺伝子組み換え作物です。

TPPに加盟すると、日本人はモンサント社の言いなりに
なるしかありません。

作りたくないものを作り、
食べたくないものを食べる。

そして病気になり、治療費として貯金すべてが
アメリカ企業に吸い上げられる。

TPPに加盟した先にある、未来。

地元選出の国会議員に電話しましょう。FAXしましょう。

「公約違反は許さない」

「TPP交渉から脱退すべき」


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。