スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済危機時の処方箋: マフィア銀行に打ち勝ったアイスランド

2015.06.24 00:02|アイスランド
アイスランドはいかにしてマフィア銀行を打ち負かしたのか
How Iceland defeated the Anglo-American Bankster Mafia


1996年8月以来再選を重ねる、アイスランドの現職大統領
オラフル・ラグナル・グリムソン/Ólafur Ragnar Grímsson氏。

2011年12月11日、カナダのCBC放送が、
グリムソン大統領に電話インタビューをした音声情報の
翻訳を開始しました。

革命の前にも後にも大統領であり続けている
グリムソン氏の肉声。
超超超・貴重情報です!

---------------------------------------------------
6:07-9:11 イ:インタビュアー 大:グリムソン大統領

イ:大統領、アイスランドが経済危機から脱した方法について
  お話いただけますか?
  経済危機に陥った国への処方箋としては、
  緊縮財政を敷き、国際的金融機関からの援助とりつけというのが
  王道なわけですが、それらはすべて拒否されたのでしょうか?
  実際のところ、アイスランドではどのような救済策がとられたのですか?

大:アイスランドでは、3年間にわたって異なる方向性を持つ
  救済策が試みられました。
  
  経済的救済策が施されたのはもちろんですが、
  政治的にも社会的にも色々な方法が推進されたほか、
  民主主義的なアプローチもありました。

  改革のファーストステップは、既存の社会システムと政治システムを
  徹底的に見直すところから始まりました。

  国として(経済恐慌を引き起こした)銀行や企業の
  失敗原因を追究する組織を立ち上げたり、
  あらゆる組織から独立した特別検察官を任命し、
  さらには憲法改正にも乗り出すなど、
  金融崩壊を受けて、あらゆる分野の既存システムの見直しが
  行われ、法制度改革が進められていきました。

  改革のセカンドステップとして、金融経済改革が行われました。
  それは従来的なセオリーとは間逆の方法でした。

  例えば民間銀行の倒産を防ぐために公的資金を注入したりは
  しませんでした。
  銀行といえども経営責任は民間銀行自身にあると判断し
  その存続は自由主義経済の成り行きにまかせました。
  
  アイスランド通貨のクローナはプラチナ購買力では高水準を維持し
  (注:プラチナ購買力では高水準を維持 については精査必要)
  国家予算は最貧困層や、社会的困難に直面している人たちの
  保護にあてられました。
  
  数年の間に様々な政策が実行されましたが
  それらは、国家として輸出産業をバックアップするといったような
  従来的な経済改革の処方箋とはまったく異なるものでした。

  アイスランドは経済回復に成功したため
  IMFは計画を打ち切り出国していくことになりました。

  レイキャビクで執り行われたIMFとの送別会議では
  IMFの指導者が次のように述べました。
  アイスランドとのやりとりはIMFにとっても関心のある
  本質的なことを学ぶプロセスであったと。

           -----続く-----

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。