スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブルの多い<ガン保険>

2015.09.21 14:39|恐ろしいもの
ガンになったのに保険金が支払われないケースが
多発しているガン保険。
「週刊現代」2014年6月14日号

保険会社が支払い拒否をするケースの例として

■保険加入後90日以内のガン

■早期ガン

■再発ガン

■粘膜上のガン

■通院治療可能なガン

■告知義務違反

などがあるそうです。

毎年の健康診断受診が義務のようになっている日本では、
ガンは早期に発見されるケースも多そうですが、
それは支払い対象外・・・!

どこにできてもガンはガンだと思うのですが
粘膜にできたガンは
支払い対象外・・・!

ガンは再発や転移が怖いというのに
5年以内の再発や転移は
支払い対象外・・・!

通院可能な投薬治療や放射線治療を受けた場合には
入院していないからという理由で
支払い対象外・・・!

旅行に行くなどの理由で少し多めに(7日以上分)薬を処方してもらうというのは
日常的なことのようにも思うのですが
それを告知していなかった場合には
告知義務違反となり支払い対象外・・・!

告知義務違反があった場合にはその時点で
契約解除になる上に、保険料も返ってこないのだそうです。
多めに薬をもらったことを申告し忘れただけで・・・!


加入するのは簡単なのに、
保険金請求をすると色々と調査され、
厳しい審査がなされ、

保険金はもらえないのに
払った保険料は戻ってこない。。。



複雑な保険の仕組みを短時間で説明するのは難しく
仮にしっかり説明がなされたとしても、
病気になった数年後に思い起こせるわけもなく、

まあそのために約款があるわけだけど、

難解な言葉が駆使され
さらには小さな小さな文字で書かれた

保険会社の約款を
フツーの人が
読みこなすのは
ほぼ不可能。



ちなみに、アフラックが2010年に行ったアンケートでは、
入院、食事、交通費などを含むがん治療全般にかかった費用が
「50万円程度」という回答が37・5%と最も多く、
「100万円程度」が31・5%だったそう。

100万円の備えがあれば、7割のガンには事足りるということ。


どちらにしろ
ガンは自力で治す!
つもりの人は、そもそもガン保険自体が不要といえます。

自宅療養に追い込まれたときのために所得補償保険を
検討したほうがよいかもです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。