スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームレス。明日は我が身?

2013.12.07 00:30|秘密保護法案
日本に先立って規制緩和と情報統制が進んだアメリカでは
中流層が崩壊しホームレス化。


「電気技師として働いていた。寝室3つ、バスルーム2つの家に
住んで車は2台持ってた。まさか自分がホームレスになるなんて。
金持ちはより金持ちに、貧乏人はより貧乏になるようになってる。
政府はおれ達のことなんか考えてないのさ。」

近年のアメリカでは法律も税制もすべては大企業に有利になるように
変えられていき、中小企業や小規模農家は立ち行かなくなりました。
そして製造業は海外へ流出し、雇用が失われて中流層はホームレスに。

今国会では、特定秘密保護法案の他にも、日本をメチャクチャにするような
法案が次々と可決されてしまいました。

【暴走国会】次々に可決される重要法案!
国家戦略特区法案、がん登録法、農地バンク法が可決!
特区と農地バンクで外資に乗っ取られる!

 <真実を探すブログ>

規制緩和されるとモノが安くなり、より多くの人が
豊かな生活を送れるようになる。
そう言われてきました。

確かにモノは安くなるかもしれませんが、
食卓は安全とはいえない食べ物に占拠され
さらには仕事も失ってホームレスになるのでは
本末転倒です。

日本に先んじて規制緩和が進んだアメリカでは
街にホームレスがあふれ、3人に1人の子どもが満足に食べられず、
クルマで寝起きしている人が無数にいるのです。

規制緩和とは、アメリカを本拠地とする多国籍企業だけが
儲かるような仕組み作りをするための大義名分だった
ことが既にはっきりしています。

TPPも特区も農地バンクも、その本質は
アメリカをメチャクチャにした多国籍企業に
日本を叩き売るようなものでしかありません。

特定秘密保護法が施行されれば、どんな法律改悪も
自由に行えるようになります。

地元選出の国会議員に働きかけ続けるしかありません。

「秘密保護法は廃止にしてください」

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。