スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動隊500人 住民を暴力弾圧

2016.07.23 13:55|恐ろしいもの


高江住民のことば
やんばる東村 高江の現状 から引用

   2016年6月20日頃から毎日毎晩オスプレイが我が家の上空を
   超低空で飛びまわっています。

   騒音 低周波 振動 恐怖 
   気が休まりません。

   子供達も眠れず学校に行くことができません。

   今日も国頭村に子供達を連れて避難しました。
   (しかし国頭村の海上もヘリがグルグル飛んでいます。
   沖縄はどこにいても同じなんです)

   新たなヘリパッドができたら年間4000回以上オスプレイが
   訓練をしにきます。
   そうなると本当に住めません。

2016年7月10日。
島尻あい子大臣は落選したが、自民党は全国では勝った。

安倍政権は早速、
本土から500人規模の機動隊を沖縄県北部の東村高江に、
人口わずか150人の集落に
送り込んできた。

2016年7月22日、
機動隊は生活道路を封鎖し、
住民の車を強制撤去し、
反対派の丸腰の住民に
暴力を振るい始めた。



China US Godo Enshu 2


尖閣諸島をあおったのは極右の危険人物・石原慎太郎。
海保を威嚇する中国船団をみたときには、確かに怖かった。

ところが、その後、
中国ってアメリカ様と仲良し
だったことがハッキリと分かり、

中国脅威論をベースとする
日米安保必要論とか、米軍基地必要論とかの
胡散くささが見えてきた次第。

合同軍事演習をしている中国様が
アメリカ様にとって敵なわけ
・・・ないでしょ(怒)

China US Godo Enshu


とはいえ、沖縄と周辺海域は、豊富な地下資源に恵まれ
中国にとっては太平洋にぬける重要な海上ルート。

アメリカ様の、日本と中国をめぐる戦略については
沖縄の地理的重要性も踏まえたうえで、
もっと大きなところから考える必要があるとは
感じています。

私たちは中国と戦争をさせられるのか 1
でご紹介したとおり、

日本と中国が沖縄あたりで戦争をさせられ、

両者が疲弊したころに
戦争を起こさせた米国が和平交渉に介入し、

日本の海底資源利権はイスラエル系企業がゲット。

という戦略を、アメリカ様は建てていらっしゃるわけで。


イスラエル系企業の利権のために
日本人と中国人を戦わせる計画書を
ハーバード大学大学院の院長が作り、

それをアメリカの国会議員200人が
了解しているというのは紛れもない事実なわけで。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。