スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民投票というものを考える 2

2016.09.13 00:13|アイスランド


2008年秋。

三大銀行が次々と倒産していったアイスランド経済は
大打撃を受け、人々の生活は破綻。
食糧配給に長蛇の列ができるという
信じられない事態に陥りました。

そんな中、アイスランド政府はイギリスとオランダから借入れて
銀行を救済し、
アイスセーブなどの金融商品を存続させようとしました。

借入金の返済にあてられるのは国民の税金です。

イギリスとオランダからの借入れに反対する嘆願書には
6万筆の署名が集まりました。

人口30万人の国で6万筆ですから、
日本でいえば、2540万筆の署名が集まった計算になります。

これを重く見たグリムソン大統領は、2010年1月、
両国からの借入れ準備法案へ署名することを拒否します。

アイスランドの憲法では、大統領が署名を拒んだ法案は
国民投票にかけるように定められていました。

そして同年3月に実施された国民投票では、英蘭両国からの
借入れ準備法案は圧倒的多数で否決されます。

ところがアイスランド政府はこの投票結果を無視し、
英蘭両国との交渉を続行します。

2011年4年、グリムソン大統領の2度目の署名拒否を受けて
2度目の国民投票が行われ、
英蘭両国からの借入れ法案は再び否決されます。

驚くのは、

アイスランド政府が、
国民投票の結果を
2度とも無視した


ということです。


2011年12月、この問題はEFTA(欧州自由貿易連合)の
裁判所に持ち込まれ、
2013年1月、アイスランドには英蘭両政府への返済義務はない
という判決が下されます。

これをもってアイスセーブ論争は終結し、
アイスランド国民は、税金によって民間銀行を救済するという
ありえない政策を破棄することができたのです。

-----------------------

アイスランドは、国民投票によって、自国に不利になることを
拒否した・・・と思っていたのですが、

国民投票に持ち込めたのは、グリムソン大統領が署名拒否を
したからであって、
国民が自発的に請求したわけではなかったこと、

国民投票の結果を、
アイスランド政府は
2度とも無視したこと、

最終的にはEFTA(欧州自由貿易連合)の裁判所の
判断にゆだねられたこと、

を考え合わせると、まさに首の皮一枚でつながったという
表現がふさわしい、ギリギリのところで助かった、

というかホント
民主主義って一体何なの~と叫びたくなるような
事態だったわけです。


-----------------------

グリムソン大統領が、イギリスとオランダからの借入れ準備法案への
署名を拒否したのは、
国民1人ひとりの怒りの強さに恐怖したからです。

 ↑朝昼晩絶え間なく、何ヶ月間にもわたって続けられた街頭デモ。
 経済も社会も政治も機能不全となり、
 大統領自身、たいへんな恐怖を感じていたそうです。

また、国民投票の結果を無視したアイスランド政府の暴挙に
対するセーフティネットとなったのは
EFTA(欧州自由貿易連合)の裁判所でした。

---------------------

アイスランド無血の市民革命:鍋とフライパン革命を考えるとき
国民投票というシステムについて
理解するのもとても大切なこと。

アイスランドの人々が 国民投票のシステムについて言及している、
アイスランドの現代史にくわしい歴史家にして
カトリック教会からも一定の距離を置く無党派、
グズニ・ヨハンネソン氏を新大統領に選んだのは、

アイスランドの人たちが、現行の国民投票システムの危うさを
身にしみて理解しているからでありましょう。




■補足追記■

ICESAVEとは、アイスランド三大銀行の1つであったランズバンキが
販売していた高金利預金の商品名です。

実は実は・・・動画翻訳を始めた頃の情報不足&理解不足により
アイスセーブ口座をアイスランド救済口座と
訳してしまっておりました(汗)。

この場をもってお詫びのうえ下記の通り訂正します。(5:34 頃)

  ※大変恐縮ですが、諸々の理由により動画の字幕は訂正が難しく
   据え置きとなりますことご了承ください。


(誤)アイスランド救済口座に入金しようとしたのよ

(正)アイスセーブ口座に入金しようとしたのよ。

  =アイスセーブという金融商品を守り、
   銀行を存続させようとしたという意味です。

icesave logo



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。