スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EM技術による放射能被曝対策

2016.12.20 18:47|放射能
琉球大学名誉教授 比嘉照夫氏が開発したEM。
沖縄では、EM牛乳とかEM卵とか、EMトマトとか、農作物や畜産物の
生産に利用されたりしています。

以下、比嘉照夫氏の緊急提言 甦れ!食と健康と地球環境
から抜粋引用です。

  ■7月23日~8月31日の40日間、日本に保養に来た
  ベラルーシの子供21名(平均年齢9.7才)を
  A・B・C の3グループにわけて EM・X 飲用比較調査を実施
   (ベクレル/kg は セシウム137の放射能の身体負荷量 グループ内平均値)

  A:81.61ベクレル/kg ⇒ EM・Xを1日30cc
  B:88.65ベクレル/kg ⇒ EM・Xを1日50cc 
  C:62.99ベクレル/kg ⇒ 飲まない
  
  ■保養が終了し、ベラルーシへ帰国した直後に測定した結果

  A:26.78ベクレル/kg に減少
  B:全員が測定不能、すなわち正常値となった
  C:33.81ベクレル/kg に減少
  
  ■EM・Xの持続性確認のため、10月と12月の2回にわたって測定

  A:22.16ベクレル/kg に減少
  B:測定不能の正常値を維持
  C:37.31ベクレル/kg へ上昇

  これらのデータと、その後の測定値を参考に、コノプリヤ教授と協議した結果、
  EM・Xは1日当り50ccを服用すると40日でセシウム137の身体負荷量を完全に
  消去すると同時に、耐放射性機能が長期にわたって保持されるという
  従来の常識に反する結果となった。

  EM・Xは、その後、改良に改良が加えられ、日本では、EM・Xゴールドとして
  市販されているが、現在のEM・Xゴールドは、実験に使われたEM・Xの5.6倍、
  80℃以上に加熱して適当な温度で飲用すると10倍以上の効果があることも
  確認されている。

EM・Xゴールドは500ml 4200円くらいで販売されていますね。
糖蜜などで自家培養するのも可能らしいです。

EMは、高温になるほど、空気に触れるほど、
効力が増すみたいです。

EM使うと微生物相が良くなるらしく、我が家では超音波加湿器に
入れる水にEMW(こちらは1000円くらい)を少し混ぜて使っています。

この加湿器の側に置いておくと中古で買った本の何ともいえない臭いが
気にならなくなったり、
加湿器を靴箱に向けておくと (後で除湿機もかけますが)
靴箱特有のイヤな臭いが緩和されたりします。

EM・Xゴールドは、お高いので思案中。
体調が絶不調になったときに試してみるかも。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。