スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を痛めつける基地ではなく 花と緑がほしい

2016.12.26 15:35|恐ろしいもの
Futenma Kichi
しんぶん赤旗 2012年1月27日

普天間基地は、世界一危険な基地といわれていますが、

住宅街の上を軍用機が年間に2万回も飛び交っており

住民は

騒音

低周波の振動

ただならぬ排ガス

軍用機そのものの墜落リスク

など様々な危険に晒されています。


あまり知られていませんが、軍用機の部品、例えば
ケーブル、タンク、カバー、アンテナ、ブレーキ部品といった
ものが飛行中に外れて落下する事故も多く、
直撃されれば大変なことになります。

部品落下事故は頻度が多くホントに怖い。

沖縄の「米軍等の事件・事故」は年間1000件の衝撃から抜粋引用

   「沖縄の米軍人等などによる事件・事故数及び賠償金等支払い実績」
   (社民党要求・防衛省提出)によると、
   2005年(平成17年)に「1012件」とある。

   衝撃の数字だ。

   同じ年、北海道は3件、東北178件、北関東144件、南関東334件、
   近畿ゼロ件、中国・四国50件、九州34件、そして沖縄が1012件だ。

   ※総計1755件 全国の事件・事故のうち57・6%の数となる

   米軍基地の75%が沖縄に集中しているという実態が、
   如実に反映されている。

   賠償金が支払われたのは148件に過ぎず、
   多くの人は泣き寝入りを強いられている。

何のために沖縄県に米軍基地があるのか。

県外移設とか国外移設とかではなく、
基地の必要性そのものを問い直し、
(どう考えたって、人権を侵害する施設&組織の軍隊なんて
 普通の人は必要としない)
不要なものは廃止すればいいだけ。

基地の跡地には、四季折々、木々や緑に触れ合える
果樹園とか公園とかが作られるといいのだけど。

たとえば伊豆の河津桜まつりは、
2月に咲く桜だけで100万人の観光客を
集めています。

栃木の あしかがフラワーパークにも、四季折々の花々を見に
年間100万人が来場するとか。

花や緑を育てることは、
観光資源への投資としては
とても安上がりなうえに、
費用対効果が異常に高い。

沖縄の気候を活かした無農薬ハーブ園などは
付加価値商品も作りやすくていいと思う。



ショッピングセンターとか
放射性廃棄物の発生源となる癌治療センターとか
ハコものはもうたくさん。

辺野古の自然はそのまま守り、
普天間を廃止した跡地は、
心から楽しめてリラックスできる場所になってほしい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。