治安の悪化するヨーロッパ

2013.12.27 00:18|雑記
2013年 スペイン


スペインの失業率27%
若年層の失業率、50%。

もうスペイン国内はメチャクチャです。
緊縮財政へのデモ、市民に暴力をふるう警官、
悲鳴をあげる女性。


2013年 ギリシャ


ギリシャの失業率28%
若年層の失業率、なんと65%。

もうギリシャ国内はメチャクチャです。
国内は暴動ばかりおきて騒乱状態。


2013年 スウェーデン


移民を受け入れすぎて治安が崩壊したスウェーデン。
「クルマが放火されるのが日常的風景になった」
とキャスターの男性が述べています。

人道的支援であれ、労働者としての受け入れであれ、
移民を受け入れていった国はすべて治安が崩壊していきました。

暴動という意味の「riot」「国名」でYoutubeを検索すると、
ヨーロッパ各国の治安悪化の映像がたくさん表示されます。
治安悪化の最大要因は 増えすぎた移民と失業率の悪化。

近い将来、生粋のスウェーデン人はスウェーデン国内において
少数民族になるだろうと予想されています。

外国人とも仲良くしたいと思っていますが、
かといって自分の国が外国人に乗っ取られるのは
次元の違う話です。

日本国内の若者が困窮している今、
大企業と外資企業優先の政策も、
外国人労働者の受け入れ拡大をしようとする政策も、
危険極まりないものです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ