スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしいもの。壊れゆく私たちの生活。

2014.09.08 00:11|恐ろしいもの
日本に先立って規制緩和と情報統制が進んだアメリカでは
中流層が崩壊しホームレス化。


  ホームレス。明日は我が身? に加筆再掲です。

上記のニュース映像は英語ですが、見ていれば、
アメリカに路上生活者が増えていること、
無数の人が車で寝起きしていること、
ホームレスに炊き出しをした人が逮捕されてしまうこと、
などが理解できるはずです。

取材に応じた男性1人の言葉です。

   「電気技師として働いていた。寝室3つ、バスルーム2つの家に
   住んで車は2台持ってた。まさか自分がホームレスになるなんて。」

   「金持ちはより金持ちに、貧乏人はより貧乏になるようになってる。
   政府はおれ達のことなんか考えてないのさ。」

近年のアメリカでは法律も税制もすべては大企業に有利になるように
変えられていき、中小企業や小規模農家は立ち行かなくなりました。
そして製造業は海外へ流出し、雇用が失われて中流層はホームレスに。

怖いです。

さて、2013年12月の国会では、特定秘密保護法案をはじめとして
日本をメチャクチャにするような法案が次々と可決
されてしまいました。

   【暴走国会】次々に可決される重要法案!
   国家戦略特区法案、がん登録法、農地バンク法が可決!
   特区と農地バンクで外資に乗っ取られる!

    <真実を探すブログ>

規制緩和されるとモノが安くなり、より多くの人が
豊かな生活を送れるようになる。
そう言われてきました。

確かにモノは安くなるかもしれませんが、
食卓は安全とはいえない食べ物に占拠され
さらには仕事も失ってホームレスになるのでは
本末転倒です。

日本に先んじて規制緩和と大企業優遇策が進んだアメリカでは
街にホームレスがあふれ、3人に1人の子どもが満足に食べられず、
クルマで寝起きしている人が無数にいるのです。

規制緩和とは、アメリカを本拠地とする多国籍企業だけが
儲かるような仕組み作りをするための大義名分だった
ことが既にはっきりしています。

TPPも特区も農地バンクも、その本質は
アメリカをメチャクチャにした多国籍企業を利するだけ。
日本を叩き売るようなものでしかありません。

2014年4月からは消費税が8%となりましたが
増税分は法人税減税にまわっています。

福祉は向上せず、日本経済はひどいことになっています。

   GDP、マイナス6.8% 「消費税ショックで日本の経済成長は崩壊」とCNN

   GDP大幅減 個人消費の下落最悪 消費税増税 暮らしも経済も直撃

   2014年4~6月の【GDP▼7%】予測;バブル崩壊時を上回る低下率

それでもなお、来秋に消費税を10%にするという方向性は
変わっていません。

   「電気技師として働いていた。寝室3つ、バスルーム2つの家に
   住んで車は2台持ってた。まさか自分がホームレスになるなんて。」

明日はわが身です。
地元選出の国会議員に働きかけ続けるしかありません。

「消費税増税はやめて」

「秘密保護法案は廃止にして」

「自民党、TPP断固反対が公約だったよね?」

国会議員の報酬は私たちの税金から支払われているの
ですから遠慮する必要はありません。
最近は報酬アップもされていますし。

   国会議員の給料 5月分から月額26万円、年間421万円引き上げ

   この4月から、国民への大増税とは逆に、国家公務員と国会議員の
   “賃上げラッシュ”が始まった。国家公務員の給料は平均8%引き上げられ、
   行政職平均のモデルケースでは月額約2万9000円、
   ボーナスを含めた年収では約51万円のアップだ。
   国会議員の歳費(給料)はもっと増え、5月分から月額約26万円アップ、
   年間421万円もの引き上げになる。
            ※週刊ポスト2014年5月23日号

これは私たちにも当てはまることば?

   「金持ちはより金持ちに、貧乏人はより貧乏になるようになってる。
   政府はおれ達のことなんか考えてないのさ。」

新しい公害がおきるたびに

2014.09.09 00:52|恐ろしいもの
たまに披露宴などで食中毒が発生したとニュースに
なりますが、同じものを食したのに死ぬ人もいれば
症状が出ない人もいます。

食中毒に際して、死んだ人はいても症状が出ない人もいるのだから
安全なはずだと思う人はあまりおられないと思います。

ところが、危険性が科学的に解明される前に
何かが起こったときには、
そこに苦しんでいる人がいたとしても、
「危険」と証明されない限りは「安全」となり、
被害者は切り捨てられ、新たな被害者が
拡大再生産されていくようです。

水俣病がそうでしたし、新たな公害が発生するたびに
まったくおなじ道をたどっています。

水俣病では、多発する奇病の原因がチッソの工業排水ではないかと
早くから疑われていました。

ところが、こういった疑念の声はチッソのみならず当時の

政治家
官僚
学者
産業界
マスコミ
地元の人たち

からはまったく相手にされませんでした。

比較的早期に原因解明をした熊本大学さえもが
バカにされ非難される有様。

工場廃液が病気の原因なのかどうかについて
科学的に正しいかどうかの論争ばかりに終始した結果
被害の拡大を食い止めることは放置され
被害は対岸の不知火
そして新潟にまで拡大してしまいました。

「チッソがきてから、海に廃液が流され始めてから
 変な病気が流行りはじめた。」

という素人目線の感覚が、結局は正しかったわけですが
被害者の人生をとり戻すことはできません。

何らかの危機が目の前にあるとき、
あるいは「ある」と思われるとき、
科学的研究結果を待っていては間に合わないし

政治家
官僚
学者
産業界
マスコミ
地元の人たち

が守ってくれる確率も低い。

・・・つらい。



あなたたちに未来なんてないのよって 子供たちに言える?

2014.09.24 00:57|恐ろしいもの
平成26年度一般会計予算の概要

2014JapanIncomeOutgo.png

日本の歳入95.8兆円のうち、41.2兆円が将来世代からの借金・・・。

さらには安倍政権のばらまき外交はありえない大盤振る舞い。
当ブログで確認できただけでも16兆円以上を支出予定。

   アメリカ国債 5兆円
   インド 3兆7000億円
   アフリカ 3兆円
   ASEAN 2兆円
   バングラデシュ 6000億円
   アメリカ リニア 5000億円
   ミャンマー債務免除 5000億円
   ミャンマー追加ODA 910億円
   中東・北アフリカ 2160億円
   シリア 3059億円
   ウクライナ 1500億円
   モザンピーク 700億円
   中国 300億円
   パプアニューギニア 200億円
   スリランカ 137億円
   ラオス 90億円
   チェルノブイリ 3.5億円
   合 計 16兆2059.5億円


地震国日本に原発という時限爆弾を50基以上も埋め込んで
しまった結果として東日本一帯が汚染され、
収入も乏しく借金ばかりのところ
原発被害者への補償はケチるくせに
海外には血税をばらまき放題。

日本人を貧困化させて戦地へ送り出そうという
目的がなければ
こんな無茶苦茶なことしない。
できない。

アベノミクスとTPPを礼賛する日経新聞や
非常事態とは思えなくなるような雰囲気を演出するテレビや雑誌や
ヘイトスピーチのマッチポンプや
原発に関する情報遮断や
化学物質や
ワクチンや

何でもいいから何か一つの問題を必死で調べていけば
日本がおかしなことばかりしていると気づくはず。
もうほんとに、これ以上の日本人いじめはやめて。

これじゃあ子供たちに
「あなたたちに未来なんてないのよ。」
というしかない状態。

怒りをあらわにしないのが日本人の美徳かもしれないけど、

怒らなくてはならないときもある。

今がそのとき。


教科書に書かれているウソ、地球温暖化。 

2014.09.30 00:03|恐ろしいもの
テレビと新聞が「そうだ」といい、教科書にも「そうだ」と書いてあったら、
それを「ウソだ」という人間はヘンな目で見られます。


北極の氷が60%増加し、バレンツ海の氷も大幅増加。CO2温暖化ってなに?

地球温暖化。

日本の夏も体感的には暑くなる一方だったし
冬もそれほど寒い感じもしなかったので
地球が温暖化していると言われれば、
「やっぱりそうだよね」
と納得するしかありませんでしたが、

その原因については
都市化によるヒートアイランド現象や
原発排水が海水温を7度も上昇させていたことや
太陽活動の影響などなど
多角的に捉えられるべきもののはず。

ところがアル・ゴアの「不都合な真実」が
出回ったあたりからCO2だけが原因のような
言われ方となり
そこから原発ルネッサンスが始まり、
途上国の工業生産が規制されていきました。

ところが。

昨年来、南北両極の氷は大幅に増加しているそうです。

上にご紹介した動画では、権威に属する人や
マスコミがこれでもかこれでもかと真実をねじまげて
地球は温暖化しているといい続けていることが
わかりやすくまとめられています。
必見です。

私たちは権威者の言うことや
「科学的に証明されている」
というキャッチフレーズをあまりにも
妄信しすぎてはいないでしょうか。

とある団体に天下り中の厚労省OBから
うかがった言葉を思い出します。

数字っていうのはさ、
目的にあわせて調整しなきゃさ、
物事って進まないじゃない。


そして物事を進めるための美辞麗句が並べ立てられます。

そうやって「調整された数字」が「科学的」として
世に送り出されて「美辞麗句で飾られた物事」が
進み始めると、
もう後戻りできなくなっていきます。

難しいですが、情報を見極める目と判断力を
養っていかなければ
日々の糧のために額に汗して作り上げたものが
子供を殺す施設だったということばかりに
なりかねません。

原発がそうだったように。

教科書に書いてあるからといって
正しいとは限らない。

・・・ほんとに怖い。

NHKという暴力 1

2014.10.11 14:26|恐ろしいもの
NHKの番組で英語や料理を独学しました。
日曜美術館とかドキュメンタリー番組とか好んで見ていたし、
若くて一人暮らしで生活苦しいときも
<喜んで>受信料を支払っていました。

ドキュメンタリーといえば、チェルノブイリに取材したかつての
番組は素晴らしかった。

だけど今はNHKに絶望し、NHKを見ないがためにテレビを捨てました。

2011年4月27日の<あさイチ>に出演した
日本産科婦人科学会理事長 吉村泰典氏が 
妊婦は年間50ミリシーベルトまで大丈夫と言うのを見て


NHKと医者を信用したら死ぬ

と確信したからです。

国際的にも国内的にもヒトの被ばく許容量は年間1ミリシーベルトと
定められているのに、それを無視してこんな情報を垂れ流す
NHKと医者。地位のある医者ほど怖い。

NHKが国民総被ばくに加担したことを認めて謝罪しない限り
NHKなんて2度と見たくないし、受信料支払いという形で
NHKを支援したくもありません。

NHKは放送法を盾にとって受信料支払いを強制するけれど
NHK自らが放送法に反していることは多くの方が指摘しているところ。

ちなみに放送法の原則とは、
放送を公共の福祉に適合するように規律し、
その健全な発達を図ることです。

妊婦に50ミリシーベルト/年がOKだなんて公共の福祉に
反するどころか国民に対する暴力、テロの領域です。

NHKの放送法違反を指摘する本の数々。
まさに電波によるテロです(恐)



NHKの正体―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム(OAK MOOK 293 撃論ムック)NHKの正体―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム(OAK MOOK 293 撃論ムック)
(2009/06/30)
西村幸祐

商品詳細を見る


NHK亡国論NHK亡国論
(2014/09/26)
西村 幸祐

商品詳細を見る



これでも公共放送かNHK!―君たちに受信料徴収の資格などないこれでも公共放送かNHK!―君たちに受信料徴収の資格などない
(2014/03)
小山 和伸

商品詳細を見る


別冊正論 Extra.20 NHKよ、そんなに日本が憎いのか (NIKKO MOOK)別冊正論 Extra.20 NHKよ、そんなに日本が憎いのか (NIKKO MOOK)
(2013/12/16)
不明

商品詳細を見る



最初はポケモン見たい、ドラえもん見たいと駄々をこねていた
子供でしたが、しだいに読書量が増えて落ち着いていき、
自分の時間や家族との会話も増えるなど、

テレビをとっぱらった結果、
いいことのほうが多いと実感しています。
月々数千円の負担もしなくていいわけだし♪

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。