スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複雑すぎる問題は ベーシックインカムで解決

2017.07.02 21:11|ベーシックインカム
Meiro.png


社会問題が複雑すぎて理解できない


『文明はなぜ崩壊するのか』
レベッカ・コスタ

■認知閾(にんちいき)

アメリカの社会生物学者レベッカ・コスタが定義した「認知閾」とは
人間にとって理解が追い付かなくなり始める社会問題の複雑度を
示すことば。

人は、理解できないほど複雑な問題に直面すると、
不合理な思い込みを優先するようになり、
問題への対処を誤り続けることによって、
事態を悪化させてしまい、

この状態が何世代も継続してしまうと、
必ず社会が崩壊するのだとか。

■人間が走る行動

・反対はするが対策はない
・個人に責任を転嫁して問題を解決したと酔いしれる
・怪しげな因果関係に飛びつく
・物事の原因が不明でも何か一つにこじつける
・緩和策や応急処置に満足し根本問題を先送りする
・問題を細分化してより複雑にしてしまう
・行き過ぎた経済偏重行動をとる


■解決方法

問題の当事者およびその当事者の属する集団は、
何も把握できない「認知閾状態」にあるため、

これを克服しうるのは、精緻な論理の積み上げではなく、
大胆な「ひらめき」となる。


---------


だから

ベーシックインカム

だってば


ベーシックインカム元年 世界各地で試験導入中 3

2017.07.02 04:38|ベーシックインカム
世界各国で、ベーシックインカム試験導入開始!


ベーシックインカムの導入実験を行う8カ国 —— 社会保障の新しい仕組みを模索 から転載
Business Insider Japan
Feb. 01, 2017

■カリフォルニア州 オークランド

シリコンバレーでもっとも躍進を遂げているスタートアップであるY Combinatorは、2016年の半ばに、オークランドに住む100の家族に月々1000ドル(約11万円)から2000ドル(約22万円)の月給を支払い始めることを発表した。

ベーシックインカムの「真の精神」に従って、家族たちは多様な社会・経済的地位から選ばれた。彼らはアメリカに留まる義務も課されない。もし、この試験導入が成功したら、次は5年間の実験が始まる予定だ。


ベーシックインカム元年 世界各地で試験導入中 2

2017.07.01 04:32|ベーシックインカム
世界各国で、ベーシックインカム試験導入開始!


ベーシックインカムの導入実験を行う8カ国 —— 社会保障の新しい仕組みを模索 から転載
Business Insider Japan
Feb. 01, 2017

■フィンランド

フィンランドでの2年間にわたる実験は元日に始まった。

Kelaというフィンランドの政府系経済機関が、2000人の失業者に対して、およそ600ドル(約6万8000円)を毎月支給する。

目的は2つある。1つは、ベーシックインカムがどのような新しい社会保障の仕組みを提供できるかを評価するため。もう1つは、保証された固定給を受け取るようになった状態で、人々の生産性がどのように変化するのかを確かめるためだ。



ベーシックインカム元年 世界各地で試験導入中 1

2017.06.30 23:55|ベーシックインカム
世界各国で、ベーシックインカム試験導入開始!


ベーシックインカムの導入実験を行う8カ国 —— 社会保障の新しい仕組みを模索 から転載
Business Insider Japan
Feb. 01, 2017

■ケニア

2016年の10月、GiveDirectlyという、送金プログラムで知られている慈善団体が、歴史上で最大となるベーシックインカム実験(の試験版)を開始した。

2017年前半に始まり、40の村々が12年間にわたって月々おおよそ22.5ドルを受け取り続ける。これが1つ目の実験。

ある80の村々が2年間だけ月々一定額を受け取り、他の80の村々は2年間で貰える合計額を一度に一括で受け取る、さらに、100の村は何も受け取らないという比較実験も行う。

これら実験によって、これまで得られなかった最も包括的な(ベーシックインカムに関する)データが確保できるだろう。

緊急転載 福島県民 甲状腺ガン手術数5年で1000件超

2017.04.15 11:26|放射能
緊急転載!

福島県で、五年間の手術数1082件というデータから転載

   今日2017年4月14日の昼間、参議院の東日本大震災復興特別委員会
   における山本太郎の質疑を動画で聴いていて厚労省の回答に驚いた。
 
   2011年から2015年までの五年間で、
   福島県の9病院で行われた甲状腺悪性腫瘍の手術数は、
   1082件だとのこと。

   県外に移住して県外の医療機関で受けた手術、
   県内でも年間10件未満の手術数しかなかった手術については、
   報告を上げなくていいことになっているらしく、
   数はさらに増える見込みらしい。

https://youtu.be/bUPxiArFdMM
(動画 14分00秒あたりから)

   年間の罹患者数が100万人に3人と言われてきた甲状腺癌の手術が、
   福島県内だけで五年間に1000件を超えるとは、驚きだ。
 
   これまで、岡山大学の津田敏秀教授が
   「福島県では甲状腺がんのパンデミック」と警告を発していたが、
   その数は、事故当時18 歳未満に限ってだが、
   「甲状腺癌の疑い」で2016年12月までの検査結果で、184人だった。

    それが、大人も子供も合わせた「手術数」で1082件という、
    まさに桁違いの数字が出てきた。
 
    このデータ、マスコミはなぜ騒がない?
    大ニュースではないのか?

    今後、データの内容が確認されれば、改めて報道されるかもしれない。
    そうなれば、『津田教授の疫学的分析は「誤り」だ』などと
    妄言を唱える者もいなくなるだろう。

    山本太郎が問題にしたのは、報告があげられない手術や診断数があるということ。
    下の4歳児の手術もカウントされていなかった。
    本当にこの国は、恐るべき隠蔽国家だ。

    ■福島原発事故当時4歳の男児、甲状腺がんと診断
    (朝日新聞デジタル - 03月31日 21:55)
    http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4506263



現地の30代40代のママさんグループとつながっている人から
聞いたところによると、
ほぼほぼ全員、ガンを発症しているとか。

上記の数字がさらに桁違いになってもおかしくない。

それでも避難しない福島県民。
それでも帰還させる政府と福島県。

自分では住む場所を選べない子供たちのことを思うと、
涙しか出てこない。

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブーゲンビリア

Author:ブーゲンビリア
子供の命と未来を守るために、
フツーの人ができる、
ごくごくフツーのことを考えるブログ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。